1
/
5
Mid-career
SRE
on 2020-05-11 2,791 views

新生SREチームのテックリード大募集!オフィス勤務、自宅勤務自由です!

MF KESSAI株式会社

MF KESSAI株式会社 members View more

  • 2009年Yahoo JAPAN入社、その後4年間新規サービスの立ち上げや運用に従事
    2012年初代CTOとしてSchooに入社
    2014年メドピアに入社
    2015年10月 技術部部長となり「開発を支える開発」づくりを行う
    現在、2017年3月に立ち上げたMF KESSAI株式会社の技術責任者として活動中
    「開発者がより効率的に開発にできるようにする」という事をミッションにしてます

  • 大学時代の経済分析の研究と、アルバイトで行っていた気象データの分析でPythonを習得。
    大学卒業後、1年程度 PHPやJavaでの業務システム開発に従事。
    その後スマートフォン向けゲーム開発チームに異動し、主にサーバーサイドを担当。
    2017年7月に株式会社マネーフォワードに入社。現在はマネーフォワードグループのMF KESSAI株式会社で企業間決済システムをGoで開発しています。

  • 2015年株式会社マネーフォワード入社。個人向け自動家計簿(PFM)のRailsエンジニアを経て2017年MF KESSAI株式会社へ出向。
    過去にはソーシャルゲーム開発、オーダーメイド下着ECの立ち上げなど。

    好きな言語: Ruby, Golang
    好きなエディタ: Vim

What we do

  • 企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」
  • 売掛金早期資金化サービス「MF KESSAI アーリーペイメント」

我々はBtoBの取引全てを市場として捉え、全企業の請求業務・ファイナンスを支援することで経営に欠かすことができないインフラとなることを目指しています。

<提供サービス>
■ 企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」
与信審査から請求書発行・送付、未入金時対応まで掛け売りのプロセスをすべてアウトソース
https://mfkessai.co.jp/

■ 売掛金早期資金化サービス「MF KESSAI アーリーペイメント」
ユーザーから売掛金を買い取り、早期資金化を可能に
https://mfkessai.co.jp/lp/factoring/

これらを中心としたソリューションの提供や更なる提供価値の創出を通じて、MF KESSAIが企業のお金のインフラとなり、成長を支える存在になっていくことを目指しています。

Why we do

企業間の取引の9割以上は「請求書による後払い(掛け売り)」で行われている状況ですが、そこには古くからの商習慣ゆえの大きな課題が存在します。

掛け売りには取引先の与信審査や未回収時の督促など多くの工数が必要となってしまいます。さらに入金まで1ヶ月以上の期間を要することが多いためキャッシュフローの悪化など、経営においても大きな課題が発生します。

---

一方で、企業間取引のアウトソーシング、早期資金化という市場は、まだ認知度が低く、市場として未成熟です。

更に今後の労働生産人口の減少や、6次産業化に見られる販路の拡大などにより、掛け取引に伴う負担はますます増加していくことが見込まれます。

私たちは、今後ニーズが高まっていくであろう企業間取引に内在する課題を解決すべく、まだ未成熟な市場そのものを構築していく気持ちで日々サービス開発・提供に取り組んでいます。

How we do

  • デザイナーとエンジニアのMTG風景
  • ディレクターも務めるデザイナーメンバー

■ ビジネス、エンジニアリング、デザインのエキスパートたちが密に連携

未成熟な市場を開拓し、世の中の企業にとって価値があるプロダクトを提供していくため、
世の中の動きや顧客のニーズ・課題を敏感にキャッチすることのできる経験豊富なビジネスメンバー、そしてそれらの課題解決を技術やデザインの力で実現していくことのできるエンジニア、デザイナー。
彼らが密に連携していくことで、スピード感をもって、ユーザーにとって本当に必要なものを最速で届ける体制で事業に臨んでいます。

金融というレガシーな側面も多く残る業界の中で、最新のテクノロジーを用いた挑戦を続けています。

■ マネーフォワード本社からは良い意味で独立
同じtoB向けのサービスを提供する企業なのでビジネス的な知見や情報は共有している(月次の全社懇親会や、ドキュメントツールにいつでもアクセス可能等)ものの、事業における意思決定は完全に独立しています。子会社にありがちな制約は全く無く、必要性があることであれば何でも挑戦することができる環境です。

As a new team member

これまでCTO兼SREがテックリードとして活動してきたSRE領域ですが、今後より組織の成長速度を高める為に、新しくテックリードとなるかたにSREチームのありかたからすべて任せて独立性の高い組織にしていきたいという思いから募集をはじめました。

▼募集背景
MF KESSAIでは、企業の取引情報を預かり、請求書の発行・送付・入金確認・督促等、請求業務を代行する事業を行っています。
※事業、チーム紹介ページ:https://handbook.mfkessai.co.jp/

事業を安心して安全にする事はもちろん、より早く継続的に成長點せ続ける事が、MF KESSAIが目指したい未来にたどり着くためには必要です。
そのためには、サービス運用時に発生する様々な問題を自動的に解決できる仕組みにしていくことはもちろん、開発者がかんたんに問題に気づき解決に迎えるための土台作りも大切だと考えられます。
MF KESSAIでは最低限の土台と仕組みはありますが、まだまだ「運用」という行為が存在しておりよりよい価値を早くお客様に届けていくためには、「Ops」という行為を可能な限りなくしていかないと行けないと考えています。

東京に居なくても最高のSRE組織を作り上げていきたいと思っています。そのため今回初の東京以外でSRE募集をすることとなりました。

▼お任せしたい事

これまでCTOがSREのテックリードも兼ねていたこともあり、チームとして独立性を高めることができず、またメンバー全員がフルコミットしている状態ではないため、Proactiveな開発に時間をさくのが難しい問題がありました。
そこで、今回SREのテックリードとして活動していただき、SREチームとしてどんな課題に向き合うかを考え、改革を起こし続ける事、さらにはOpslessに向けた課題解決をどんどんおまかせしていきたいと考えています。

▼ 現時点でのMF KESSAIのSREの業務内容

- GKEを中心に様々なGCPのサービスを利用してクラウドネイティブな法人決済サービスの運用
- k8s内での通信に関する関心事をEnvoyに集約、今後IstioかTraffic Directorなどを導入して行く予定
- 秘密情報管理基盤のVaultや、CDツールとしてSpinnakerを運用
- SecretManagerと、Cloud Builderでのgitops styleに移行中
- observabilityなどの目的でアプリケーションへのPRを作成
- Go / Nuxt / Pythonなど
- Datadog/SendgridといったSaaSなどの活用と管理

▼開発環境
開発や利用技術に関しては以下のドキュメントが常に最新の状態となっております。
https://handbook.mfkessai.co.jp/
また現在はk8sのデプロイの仕組みは、SpinnakerからCloud Builderを中心としたgitopsに置き換えを行うなど、スクラップ・アンド・ビルドで物事を考える事が多い環境です。

Highlighted stories

[note更新のお知らせ]「デザインで、世の中に貢献したい」対照的なキャリアの2人が語る、デザイナーとしての在り方
[note更新のお知らせ]意思決定のためのリソースを増やし続けることがミッション。「やりたいことがありすぎる」と語るデータサイエンティストの野望とやりがい
技術雑談系Podcast 『MF KESSAI tech_chat』をはじめました!
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
MF KESSAI株式会社
  • Founded on 2017/03
  • 57 members
  • 東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビル2階
  • 新生SREチームのテックリード大募集!オフィス勤務、自宅勤務自由です!
    MF KESSAI株式会社