1
/
5
農業改革の推進者
on 2020-07-12 1,507 views

ベトナムを世界一のAI農業国へ導く人材を求む

株式会社アジラ

株式会社アジラ members View more

  • アジラ創業者。代表取締役R&D系ITエンジニア。1976年生まれ、NTT→ぐるなび→アジラ創業。世界最高峰のディープラーニング・テクロノジーで視覚野の代替を極め、カンブリア紀以降となる「眼」によるセカントインパクトを起こしてみたいお年頃。#PMP/証券外務員/#JUDO

    https://www.asilla.jp/

  • 共同創業者 兼 ベトナム法人CEO。ハノイ生まれ。ハノイ工科大ICT学部卒。ハノイの日系IT企業に入社。2007年から2008年まで日本に在住し本社勤務。Web開発・保守マネジメントを担当。2010年より国内市場向けWebアプリケーションを開発する会社を設立。2013年よりブリッジSEとして日系オフショア開発会社に入社。PMとして日本の大手Webサービス案件を推進。2015年にASILLA VIETNAMを設立。

  • アジラベトナム勤務。Soka University of America卒。サーバー管理、マネジメント、HR、自分でコード書いたり、なんでもやってます。

  • Hồng Thắm
    Business (Finance, HR etc.)

What we do

  • 映像解析のコア技術をSDK提供
  • 国内外のコンペティションで優勝

◆アジラは、行動認識AIに特化した映像解析SDKを提供するAIスタートアップ

◆最大の強みは、世界最高レベルのAI技術(例:姿勢推定、行動認識)

◆SDKとは、それらのAIがすぐに活用できて、GUIなどをカスタマイズできる「ソフトウェア開発キット」

◆日本国内の映像解析(IVA)市場において、多くの大企業が当社SDKを活用・導入

◆主要取引先(同不順)
全国農業協同組合連合会 / アイシン精機株式会社 / NECネッツエスアイ株式会社 / 東急不動産株式会社 / 株式会社本田技術研究所 / 日本信号株式会社 / 株式会社NTTデータ / 日産自動車株式会社 / 富士通株式会社

◆我々の間接的な市場である防犯カメラ市場の成長率は、国内外共に年率+20%を超える成長市場

◆海外展開も積極的に推進しており、2020年はASEANのコンペティションで優勝

Why we do

  • 我々のミッションは「世界の守り人たれ」
  • 犯罪や事故を「未然に防ぐ」世界へシフト

◆「世界の守り人たれ」というミッションを掲げ、

◆ 犯罪や事故が起きてしまう世界から、「未然に防ぐ」世界へのシフトを目指す

◆ 人々を脅かす犯罪や事故を未然に防ぐ、新たな安心価値を創出する

◆ 防犯セキュリティ、スマートシティが主力

◆ 2021年は、AgTech, GameTech, HealthTechといった業界への活用も進む

◆ クロスボウを発明し、自国 Âu Lạc を守った Cao Lỗ 将軍(277 BC - 179 BC)を称える

How we do

  • アジラのValues
  • ASEANのコンペティションで優勝!

◆ アジラの価値観・行動指針は以下の3つ。

(1) Optimism ~楽観主義~
 R&Dという冒険は常に危険に満ちているが、楽観主義で立ち向かおう

(2) Respect ~尊重と調和~
 インテグリティに異なる文化を尊重し合い、互いに助け合う企業文化を守ろう

(3) Growth ~自律的成長~
 常に変化し続ける環境を楽しみ、新たなことに自律的にチャレンジし成長しよう

◆ 我々が目指すのは行動認識技術「世界一」
 具体的には"MOTChallenge"などの世界的コンペティションで1位を獲得します!

As a new team member

【Background】
『ベトナムは、農産物の生産性向上と環境への配慮から、ハイテク農業を積極的に推進している。ベトナム政府は、3年後の2020年までに国産農産物全体(約332億ドル=約3兆6726億円)の35%をハイテク農業によって生産することを目標とする。また政府予想では、20年までにベトナム国内のハイテク農業関連企業が200社に達するとされる。しかし、15年時点でハイテク農業関連企業はまだ22社にすぎない』
(出典:産経新聞「ハイテク農業」積極推進 外資も参入)

上記にあるように、ベトナムは世界第二位のコメ輸出国であるが、高度経済成長によって農水産業から商工業への人材のシフトが顕著であり、このままでは国家の基盤産業である農業の生産力が落ちてしまいかねない(と政府は考えている)。

これを補うべくIT化による生産性の向上に力を入れている。政府は『2020年までのハイテク農業団地発展マスタープラン、及び、2030年までのビジョン』を策定し、これに承認した。

【Potential】
現在800万ヘクタールにも及ぶ肥沃な土地に、2400万人を超える人々が農業に従事しており、条件としては世界屈指のポテンシャルで、生産量も世界最高クラスである。

・コショウ(胡椒)の生産量:世界1位
・カシューナッツの生産量:世界1位
・コーヒー豆の生産量:世界2位
・グレープフルーツの生産量:世界3位
・茶の生産量:世界6位、などなど
参考:農林水産省「第4章 ベトナム農業の現状と農業・貿易政策」
https://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kaigai_nogyo/k_syokuryo/h22/pdf/asia_h22_04.pdf

さらなる生産性向上のために機材やインフラなどのハード面は徐々に整いつつあるが、これを飛躍的に向上させるには不足している要素がある。

【Missing Piece】
それは、IoTによって得られたデータの分析や予測、AIを活用した認識や判断といったソフトウェアの要素がである。どなたにお話を伺ってもこの「ミソ」のピースが欠けている。

【Mind of Asilla】
アジラはこれらの技術を有する企業として、かつ、ベトナムに拠点を持つ企業として、これらの技術を提供し、この政策に寄与し、ベトナムという国に貢献したいと考えている。当社は日本において自社の行動認識AI/画像認識技術、データ分析技術などを活用したスマート農業のプロジェクトを推進しており、これらの知見を活かしてベトナム農業のIT化を推進する。

【AI = USA or China or Euro?】
本当にそうだろうか?我々は行動認識技術で世界一を目指している。日本だから、ベトナムだからAI技術で世界一になれるわけがない、という発想は理解に苦しむ。また、農業に関していえば、大規模農園を組織で運営する米中と比べ、日本やベトナムをはじめとするASEANの国々は個人農業経営がほとんどであり、そのビジネスモデルは大きく異なる。つまり、米中で生まれ育った農業テクノロジーがそのままのカタチで世界展開できるわけではない。ここに大きなチャンスがある。

【NEXT Vietnam】
農業 × IT でベトナムの生産性を高め、世界一の農業国に発展させるとともに、現地で培ったノウハウを日本に展開する。

【And you?】
・農業への熱い想いは持っているが、ITについてそこまで知識があるわけではないが、その必要性は見えている。
・一次産業こそAIやIoTのインパクトが大きいはずだと体感できている。
・ベトナムや日本で留まらず、全世界へスケールしていきたい。

Highlighted stories

【スタートアップの日常】アジラでのとあるプロジェクトの物語
asilla Vietnam CEO Nguyen Thanh Hai 【行動認識で世界一を目指すアジラについてHai氏にインタビュー】
AIスタートアップのコーポレート部を支える3年目の2021【伊藤千尋/Chihiro Ito】
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
株式会社アジラ
  • Founded on 2015/06
  • 35 members
  • Funded more than $300,000 /
    Funded more than $1,000,000 /
    CEO can code /
    Expanding business abroad /
  • オンライン面談
  • ベトナムを世界一のAI農業国へ導く人材を求む
    株式会社アジラ