1
/
5
Mid-career
学校支援コーディネーター
on 2020-09-16 104 views

被災地から変革者を育成したい!福島の高校支援・教育コーディネーター募集。

認定NPO法人カタリバ

認定NPO法人カタリバ members View more

  • 2011年、専修大学文学部を卒業。学生よりカタリ場プログラムにキャストとして関わり、2011年4月に新卒でカタリバへ入社。カタリ場事業部で出張授業「カタリ場」の事業リーダーとして100校以上の首都圏や地方の高校へ届ける。2016年4月よりコラボ・スクール大槌臨学舎へ異動し、運営に従事。2019年からふたば未来学園高校支援を担当。

  • 1990年生まれ。2013年九州大学理学部卒業。 地方で育った経験から、学生時代より地域の魅力や課題を教育に繋げる取り組みに関心を持つ。(株)ベネッセコーポレーション、(株)リクルートコミュニケーションズを経て、2018年よりカタリバに参画。福島県立ふたば未来学園高等学校併設の「コラボスクール・双葉みらいラボ」に勤務する。施設運営や、同高校の探究型学習にコーディネーターとして携わっている。
    Interview:https://www.katariba.or.jp/magazine/article/interview1220/

  • NPOカタリバの採用担当です。

    1983年名古屋市生まれ。南山大学外国語学部卒。
    新卒で大日本印刷株式会社に入社し、法人営業、事業開発に携わる。
    社内でキャリア研修などを企画・実施したことをきっかけに若者へのキャリア教育の必要性を実感、2013年カタリバに転職。
    広報・ファンドレイジング部責任者を経て2017年に採用部署を立ち上げ、職員・インターンの募集・採用を担当。
    JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。

    趣味はライブ参戦。地下のライブハウスによく出没します。

What we do

私たち「認定NPO法人カタリバ」は、日本中のすべての10代の意欲と創造性を引き出せる社会を目指して、学校・地域・行政などと協働し、環境や状況に応じたキャリア教育や放課後の居場所提供、学習支援などを行っている教育NPOです。

*Vision*
どんな環境に生まれ育っても、
未来をつくりだす力を育める社会

*Mission*
意欲と創造性をすべての10代へ

カタリバでは10代を取り巻く様々な課題に対して事業を展開しています。

《事業内容》
● キャリア学習/探究学習プログラム提供
●居場所施設(ユースセンター)の運営
● 高校や行政と協働した教育魅力化コーディネート など

Why we do

  • 学校の中にある新しい放課後の居場所「双葉みらいラボ」には放課後になると、生徒たちが代わる代わる来館します。学校の中と放課後がつながることで、子どもたちが自ら未来を切り拓く力を育める環境づくりに寄与しています。
  • 少し年上の先輩との非日常的な対話を軸に意欲を引き出す「カタリ場プログラム」や、マイプロジェクトの取り組みをベースとした「探究スタートアッププログラム」など、カタリバ独自のプログラムも提供

福島県双葉郡は2011年、「震災」と「原発事故」という、大きな打撃をうけました。少子高齢化、過疎化の進行、疲弊する産業などの地域課題がこの災害で更に加速し、「課題先進地域」となっています。

震災前双葉郡に5校あった県立高校は、元の校舎での授業再開のめどが立たず、すべて休校に。そんな中、「震災と原発事故にみまわれたこの場所から、これまでの価値観や社会のあり方を根本から見つめ直し、自らを変革し、地域を変革し、社会を変革していく変革者を育成したい」という思いで設立されたのが「ふたば未来学園中学校・高等学校」です。

カタリバは2017年から同校と協働し、「未来創造探究」の授業づくりや、生徒たちの放課後の居場所「双葉みらいラボ」の運営に携わっています。

「未来創造探究」の授業では、生徒たち各自がそれぞれのテーマをもって復興に向けた地域課題の解決に取り組んでおり、学習指導要領の改訂によって2022年度から全国の高校でスタートする「総合的な探究の時間」の先行事例として注目されています。

解決困難な様々な課題に直面したこの地だからこそ実践できる学びがあり、身につけられる力があると、私たちは信じています。

How we do

  • 事業責任者の長谷川(右)。民間企業で上場企業を中心とした大手企業の人材開発/研修業務に従事。2014年にNPOカタリバに入職、2016年から福島県立ふたば未来学園に高校支援コーディネーターチームの責任者として配属。校長・副校長のパートナーの1人として、カリキュラムの充実や地域内外の人材のコーディネート、資金調達、授業教材の開発等を実施。現在は、福島県内外の他の高校へもアドバイザーとして関わり、県全体の探究的な学びの充実に向けた戦略づくりも担っている
  • ふたば未来学園高校支援チームと「双葉みらいラボ」運営スタッフの集合写真。

《配属チームの体制》
事業責任者 長谷川のもと、
・コーディネーター  3名
・「双葉みらいラボ」運営スタッフ 3名
・インターン 3名
が所属しています。

●「ふたば未来学園高校支援」詳細はこちら
https://www.katariba.or.jp/activity/project/futaba_school/

●「双葉みらいラボ」詳細はこちら
https://www.katariba.or.jp/activity/project/futaba/

______________________________________________
● カタリバの社風・職員インタビューはこちら
https://www.katariba.or.jp/recruit/
_______________________________________________

As a new team member

福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校に常駐し、コーディネーターとして「未来創造探究(総合的な探究の時間)」の支援を行います。教員と協働し、生徒たちの主体的な学びをサポートしてください。

▼「未来創造探究」とは
生徒たち各自がそれぞれのテーマをもって、復興に向けた地域課題の解決に取り組んでいくプロジェクト型学習(PBL)の授業です。原子力災害によって失われた地域コミュニティの再構築について研究する「原子力防災探究」、福島の復興につなげる今後の農業とビジネスを研究する「アグリ・ビジネス探究」など6つのゼミがあり、クラスを超えて編成されています。

<生徒たちのプロジェクト一例>
*福島県の農作物に対する風評被害に対して「ファーマーズマーケット」を企画。地域の農家や役場と連携しながらイベントを高校生主体でつくり上げ、情報発信を行う。
*震災によって製造が途絶えた地元のお菓子を復活させるプロジェクト。地域の企業に掛け合い、域外から買いに来る人(関係人口)を増やすためのPRに取り組む。

▼コーディネーターの具体的な業務内容
*教員と協働した授業設計・授業運営
*授業教材づくり
*外部人材コーディネート
*校内体制づくり
*教員サポート
*生徒の放課後の居場所スペース「双葉みらいラボ」の企画設計・施設運営

▼将来的に担っていただきたい役割・業務
*カリキュラムマネージャー
*拠点・事業運営責任者
*新規事業の企画開発

 ・ ・ ・

<求めるスキル・経験>
☑ 社会人経験2年以上(目安)

Highlighted stories

採用のプロが28歳でカタリバに転職したわけ(後編)#NEWFACE
採用のプロが28歳でカタリバに転職したわけ(前編)#NEWFACE
26歳で外資系コンサルからカタリバへ転職したわけ(後編)#NEW FACE
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
認定NPO法人カタリバ
  • Founded on 2001/11
  • 120 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • オンラインまたは東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ
  • 被災地から変革者を育成したい!福島の高校支援・教育コーディネーター募集。
    認定NPO法人カタリバ