1
/
5
Mid-career
法務総務
on 2020-09-21 77 views

テクノロジーを活用したフレキシブルな不動産運用を支える法務・総務責任者募集

matsuri technologies

matsuri technologies members View more

  • 2017年6月より、C2Cのシェアリングサービス事業を立ち上げしています。
    コンサル出身で、スタートアップの経営メンバーとしても2社経験しており、戦略と実行の両面ができることが強み。中国関連の事業や、新規事業立ち上げ、グロース戦略と実行ができます。
    ・日本最大の人間ドック予約プラットフォームMRSOにて海外インバウンドと、MRSO.JPウェブプラットフォームの責任者。海外インバウンドは、海外からの健診売上で業界一位まで成長。
    ・中国・上海の游仁堂(http://yo-ren.com/en/)でCOOとして、中国での小売り向けモバイルCRM事業(日系大手コンビニ、スーパー、現地企業100万...

  • CEOの吉田です。matsuri technologiesは旅行、不動産の分野をテクノロジーで変えようとする企業です。
    そのために宿泊施設や賃貸物件(ホテル、民泊、マンスリーマンション)
    を保有したり、保有するためにファンドを開発したり、フィリピンの拠点で24Hクラウドで運営施設をオペレーション管理しています。

    そしてもちろんソフトウェアは民泊業界トップシェアで本人確認ソフトウェアや業務管理ソフトウェアなど多種多様なソフトウェアを自社で開発しています。

    ソフトウェア以外のオペレーションやファンドを充実させている理由はレガシーな産業を変えるとき、“一点のみを変えることは意味がない”こと...

  • matsuri technologies 新規事業部の4事業担当愛知県生まれ名古屋市経由の東京育ち高校時代にロックバンドに心を撃ち抜かれバンドを始める「絶対にそこそこのライブハウスでワンマンやるぞ」22歳の頃に街コンのスタッフを始め、そのまま街コンを主催している会社へ入社「自分でやった方が稼げる」と気づいてしまいそのまま独立、個人事業主を経て法人を立ち上げる。日本全国20都道府県でイベントを開催。総参加人数は10,000人は軽く超えたくさんの男女を繋げてきた中ふと「自分は、、?」と物思いにふける。その後事業をやめ、流れるようにmatsuri technologiesへ入社し、全然そこそこ...

What we do

  • 日本最大規模の民泊オペレーション事業とソフトウェア事業
  • 顧客の多くが外国人(インバウンド)

2016年創業のmatsuri technologiesは不動産領域、旅行領域をテクノロジーで変革する事業を創っています。(現在は民泊領域、ホテル、短期賃貸領域の展開)

”テクノロジーで、より良い世界を創る"をミッションとし、テクノロジーを通して省人化と効率化を進め、日本が直面する人口減少を観光客の増加と移民の増加を支援することで解決します。

事業の領域は不動産/旅行/金融/IT/オペレーションの分野を複合したサービスを展開しています。
一気通貫で異なるケイパビリティを統合する理由は「ソフトウェアで分断する時代」の終わりを予見しており「全てがソフトウェアを軸とした産業設計に変わる時代」に対応すると決めているからです。

【ソフトウェアサービス一覧】

(民泊・簡宿適法チェッカー)http://mm-check.com/
(本人確認ソフトウェア)https://www.m2mcheckin.info/
(民泊運営管理ソフトウェア)https://www.m2msystems.info/
(住まいのOTA)https://www.sumyca.com/

【提供サービス一覧】
(自己勘定投資およびファンドでの民泊投資事業)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000022329.html
(二毛作民泊運用代行サービス)
https://www.m2mpremium.com/
(インバウンド向け24Hカスタマーサポート事業)http://m2mbasic.info/
(一時帰国者向け帰国支援サービス)
https://www.ichiji-kikoku.sumyca.com/
(自主隔離者向け隔離支援サービス)
https://www.social-distance.sumyca.com/
(同棲特化サービス)
https://www.dousei.sumyca.com/

Why we do

  • 2053年には人口が1億人を割る
  • 人口減少を移民と旅行者で解決

大義:
日本では2010年より毎年人口が減っています。2033年には3戸に1戸が空き家になり、2053年には総人口が1億人を下回ります。
人の数が減るということは、住む場所が余るということです。余ることがわかっているのに住宅は増え続けています。
そんな未来が予見されているこの国だからこそ、不動産の新しい活用法やソフトウェアによる空間の制御で省人化を達成しなければなりません。

人が減りゆく日本だからこそ、効率よく空間を運用し、外国の方が訪れやすく住みやすい日本を作る必要があると考えています。

How we do

  • 2018年に約3億円の投資を実施、ファンドおよび自己勘定で今後3年で総額20億円の投資を実施する

宿泊施設と住宅をアップデートしています。

"「おっ!」と思う部屋を、驚きの価格で提供"
住宅/宿泊施設を問わず泥臭いオペレーションとそれを効率化するテクノロジーでより良いものをより安価に提供できる事を目指してます。

ソフトウェアで空間の管理をしています。
-スマートロックでの管理
-在庫、価格、物件情報、清掃などを管理する業務管理システム
-本人確認をタブレットで行うソフトウェア
-短期賃貸管理システムと集客プラットフォーム

グローバルに管理しています
-フィリピンでの24H英語対応
-日英中のトリリンガルスタッフ
-国内国外の旅行代理店の折衝
- 1300万件超のチャットのやりとり(効率化しているが膨大)

投資を通して事業の適正なエコノミクスを管理しています
-ファンド、自己勘定など複数の資金を元に自社運営
-国内最大規模のデータと投資の目線で高収益を実現

社内はバイリンガルが約25%、起業経験者が約15%、20-66歳までが在籍し、エンジニア/哲学者/不動産/旅行/ファンド/官僚/寿司職人など多彩なバックグラウンドを持ったメンバーが在籍し、一生懸命に働いています。

As a new team member

弊社は、民泊運営管理ソフトウェア「m2m Systems」や日本最大規模の民泊運用事業を展開する不動産テックカンパニーです。

上場準備中である当社の法務・総務責任者を募集します。

【業務内容】
総務及び法務サ担当として、顧問弁護士と連携しながら契約書や資料の作成・リーガルチェックから株主総会の運営を行っていただきます。

・契約書の作成・起案、リーガルチェック(商標登録・登記など)
・各種社内規程の作成及び管理
・ビジネスモデルのリーガルチェック
・知的財産(特許・商標)登録、管理業務
・弁護士と連携、各種課題への対応
・株式管理準備
・取締役会運営業務・株主総会運営業務(招集通知、議事録作成)
・「事業報告」作成(定時株主総会用、計算 書類及び付属明細書以外の部分)
・訴訟及び少額訴訟の管理、対応
・投資契約に基づく事前通知等の管理業務

Highlighted stories

〜matsuri営業マネージャーインタビュー➂〜 いつも爽やか 元気な山岡MG!
〜matsuri営業部長インタビュー②〜 ハッピーな家庭を築く最高のパパ!
【セミナーレポート】”満員御礼” 東京2020に向けてラストスパート!業界を知り尽くしたリーディングカンパニーが集結
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
matsuri technologies
  • Founded on 2016/08
  • 60 members
  • Expanding business abroad /
    Funded more than $1,000,000 /
    CEO can code /
    Funded more than $300,000 /
    Average age of employees in 20s /
    Featured on TechCrunch /
  • 東京都豊島区高田3丁目14ー29 KDX高田馬場ビル5F
  • テクノロジーを活用したフレキシブルな不動産運用を支える法務・総務責任者募集
    matsuri technologies