1
/
5
Mid-career
基盤開発エンジニア
on 2020-11-11 528 views

10年後の開発の常識を作りたいエンジニア WANTED

Wantedly, Inc. 

Wantedly, Inc.  members View more

  • 大学時代に主に iOS と Rails を趣味や受託で書きはじめました。
    最初のキャリアとしては、自分が作っているサービスが複雑化する中で、高い生産性と安全性を保つことの出来る設計/運用手法に興味を持ち、インフラエンジニアになることを決めました。
    Wantedly のインフラチームに加わり Kubernetes を駆使したインフラの自動化や社内ツール基盤の改善で生産性と安全性を高める施策などを行いました。

    その後インフラエンジニアとして活動できる幅を広げるために推薦チームでサーバーサイドエンジニアの経験を得た後に新たに立ち上げた Developer Experience チームで社内の...

  • アルゴリズムや言語処理系など理論が好きですが、ハードウェアやWebなどにも広く興味があります。最近はプログラミングRustにハマっています。

    Rustに関しては主に以下の活動をしています。

    ・Rustコンパイラを読んでわかったことをブログ https://qnighy.hatenablog.com/ に書く。
    ・Rustコンパイラのバグを報告したり、バグの修正を投げたりする。 https://github.com/rust-lang/rust/issues?utf8=%E2%9C%93&q=involves%3Aqnighy

  • ウォンテッドリー株式会社 取締役CTO
    1981年生まれ。東京大学理学部情報科学科を卒業後、同大学院にて情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻の修士課程を修了。2006年に外資系金融機関に入社し、テクノロジー部門VPを経て、2012年4月よりWantedlyの開発・運営にCTOとして参画。

    中学生のころから、ゲームを作るために独学でBASICとC言語でプログラミングを覚える。大学在学中は、ユーザーインタフェースの研究を行う。Wantedlyを活用し、創業メンバーと出会い参画を決意。人の価値観や人生が変わるようなサービスを提供できるように、日々開発に没頭している。好きなゲームはStarC...

  • Wantedly のソフトウェアエンジニア。
    Profile 領域の Backend Chapter Lead(テックリード)としてプロダクト開発や開発基盤の整備をしています。
    フレームワークを抽出したりレールを敷いたりするのが得意です。

What we do

  • 人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
  • つながりを資産に変える、Wantedly People

WantedlyはビジネスSNSとして、「であい/Discover」「つながり/Connect」「つながりを深める/Engage」の3つの体験を提供しています。

■プロダクトについて
Wantedlyは現在2つのプロダクトに力を入れています。

1つ目のWantedly Visitは、人と企業の出会いを生み出す「会社訪問アプリ」です。
共感や働く仲間を軸に、ココロオドル仕事との出会いを創出します。現在約34,000社以上の企業様に使っていただいており、IT業界のみならず、メーカーや不動産といった業種の企業様にも導入頂いています。

2つ目のWantedly Peopleは、名刺管理をきっかけとし、人と人のつながりを将来持続的に使える資産へと変える「つながり管理アプリ」です。2016年に立ち上がった新規事業ですが、読み込んだ名刺の枚数は1億枚を超え、今後さらにつながりを深める体験を提供していきます。

■今後の展開
目標は全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。
そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポール、香港に拠点を構えています。

Why we do

  • 洒落た会議室でココロオドルミーティングを
  • メンバー同士フラットなコミュニケーションが可能な環境

僕たちのミッションは「シゴトでココロオドルひとをふやす」こと。

そもそも、シゴトでココロオドルとはどのような状態なのか。
それは、没頭することにより成果を出し、成果によって成長を継続的に感じている状態だと僕たちは考えています。

そうしたシゴトを生み出す企業や人との出会いを生み出し、1人でも多くの人がワクワクしたり、熱中してシゴトと向き合えるような世界を作っていき、Wantedlyが「すべての働く人にとってのインフラ」となるような世界を目指しています。

How we do

  • 「どうやっているのか」を本にまとめました
  • The Wantedly Values

■行動指針

「最短距離の最大社会的インパクト」

これは、できるだけ短い時間・少ない工数で、できるだけ社会的に意味のある大きな影響を与えていくことを意味しています。

■目指すプロダクト

解決したい課題に対してユーザーが最短距離でアプローチできる一方、裏では技術的に難しい挑戦をしたり、UIを徹底的に考え抜くことで、シンプルで直感的に使えるプロダクトを目指しています。

■目指すビジネスモデル

「少数の人だけに向けた高単価なビジネス」ではなく、「リーズナブルで効果があるプロダクトをより多くの人に使ってもらう」ビジネスモデルです。

■目指すチーム

「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。

As a new team member

2010年の時点で、すでにKubernetesのような基盤を開発していたチームがもし存在していたら、会いたいと思いませんか?
わたしたちはそのようなチームを本気で目指しています。

生産性を高めるためなら何でもやる技術集団として必要があればインフラからモバイルまで全てに手を入れます。この過程で次の Rails, React, Kubernetes のようなこれまでの開発の常識を変えるような技術を生み出せることを期待しています。

■参考ブログ: 未来の開発体験を作る技術基盤チーム
https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/242144

■DXの取り組み例
そんなDXの一番大事な仕事は ”解くべき問題を正しく見つけること” です。

1. そのために行っている取り組みとして、アプリケーション開発を業務の約半分を実際のプロダクト開発を行い
2. 残りの半分のリソースで見つけ出した解くべき問題を見つけ
3. あらゆる手段を考慮し、解決する

例えば、
kube fork
1. 推薦マイクロサービスの開発を実際にチームに入って開発する
2. マイクロサービスにおける書いたコードのテストフローに課題を感じる
3. 自分専用のKubernetesクラスタを持てるkube forkを作成する
4. https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/286425

Feature Flag
1. 新機能のリリースに関わる
2. 誰がどの機能を使うとかの分岐の量に課題を感じる
3. サーバーの任意のロジックをブラウザから切り替える基盤を作成する

■こんなひとはぜひ
- フロント / モバイル / インフラ / バックエンド / データエンジニアリング / システムプログラミング の3つ以上の技術領域での実務経験
- 解くべき問題を自分で探す力
- 自分にしか見えていない抽象をチームに理解させる
- 詳しい話は面談時にお伝えします

■こんなひとがいたらぜひ会いたい
- Cloud Native Computing FoundationのProjectに詳しいものがある
- 未来の開発環境について理想図がある
- 未来の開発環境を実現するアイデアがある

転職意欲が無くても構いません。自分ならこういう Developer Experience を実現したい!と語りたい人も話を聞きにきてください。
※現在はオンライン面談を実施しています

Highlighted stories

Wantedly有志エンジニアによるpodcastでリスナーが多かったトーク3選はこの技術領域!#PoddeEngineer
アウトプットで振り返るWantedly Designの2019年、そして新たな10年の始まり。
「価値」を問い続けるチームだけが、常識を変えられる。執行役員・川口かおりと仲間たち #1
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
Wantedly, Inc. 
  • Founded on 2010/09
  • 100 members
  • Expanding business abroad /
    CEO can code /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区白金台5-12-7   MG白金台ビル4階
  • 10年後の開発の常識を作りたいエンジニア WANTED
    Wantedly, Inc.