1
/
5
リモート|アプリエンジニア
on 2020-11-13 616 views

1000万ID突破!大規模toCサービスMirrativのエンジニア募集!

株式会社ミラティブ

株式会社ミラティブ members View more

  • Mirrativプロデューサ。
    2006年DeNAに新卒入社。広告営業部署、広告出稿/PR業務経験、サービス企画を経て、ヤフー株式会社との提携で新サービスYahoo! Mobage立ち上げ、2011年6月まで同事業責任者。2011年5月、DeNAの韓国支社であるDeNA Seoul立ち上げ。その後、執行役員社長室長として海外事業、プラットフォーム戦略、ゲーム開発を管轄。現在は再び事業プロデューサとして、スマホ画面共有型ライブコミュニケーションサービス「Mirrativ」を0->1立ち上げ中。
    もともと音楽好きで、10代にインターネットで音楽仲間に出会えたことで人生が変わった経験から、...

  • 現在はライブストリーミングアプリのAndroidエンジニアとして開発をしています。
    動画周りの知識がなく日々新しい発見があり、楽しく開発しています。

    前職では漫画アプリを開発しており、複雑で曖昧なビジネス要件をソフトウェアとして表現するためにDDDを、現状を把握するためにスクラムを採用しており、これらを組み合わせながらSM,PO,開発メンバーとコミュニケーションを取りながら開発を行っていました。

    設計についてどうするのがいいか議論することが好きです。

  • 早稲田大学 基幹理工学部 情報理工学科に進学。4年次からは、機械学習で情報理論、アルゴリズムなどの基礎理論から、画像処理、自然言語処理などの応用分野までの研究を行い、同大学大学院へ進学。修士を飛び級し、2012年にPhD(博士号)を取得。助手として研究活動、論文執筆を行う。

    2014年より株式会社Donutsにてエンジニアとしてスマートフォンゲーム開発に従事する。2017年技術部部長就任。2018年ミラティブに参画。Unityエンジニア0人のところからエモモ(アバター)の開発を担当し、リリースまで導く。2019年10月より、AI技術部長に就任。

What we do

  • 数タップするだけで、スマホ画面を共有してリアルタイムで配信が可能。スマホゲームをコミュニケーションと一緒に楽しむユーザーが多数います。
  • アバター機能のエモモ

《主な事業概要》
◎ゲーム配信アプリ「Mirrativ」の運営 
これまで、ゲーム配信は様々な機材を必要としていましたが、ミラティブはスマートフォン1台あれば配信できる画期的なサービスです。2018年には、VTuberのようなアバターを作成しライブ配信ができる機能「エモモ」を提供するなど、配信の垣根を下げてコミュニケーションを楽しんでもらう工夫を凝らしています。

◆【多くのアクティブユーザーにより右肩上がりで成長中】
Mirrativは現在、1,000万IDを突破し成長中です。
配信プラットフォームにおけるバイユーザー(配信者かつ視聴者である人)の比率は一般的に1%以下ですが、Mirrativはバイユーザー比率が20%と非常に高いことが特徴です。
Mirrativを使用したスマホゲームの実況数・動画投稿数・配信数は日本でもトップクラス(当社調べ)、"ゲームのおとも"としてこれからも成長していきます。3000万人が存在すると言われるスマホゲーム市場で、可能性を追求しているのがミラティブです。

◆【あつまる、つながる、いっしょに遊ぶ】
Mirrativは次世代の配信コミュニケーションサービスです。
一つの配信に数千、数万の人が集まりコンテンツを提供する"メディア"型ではなく、一つの配信に集まったユーザー同士でワイワイする"コミュニケーション型"を意識しています。
実際Mirrativの総視聴時間のうち、80%以上が10人以下の視聴者があつまる配信です。
まるで学校の放課後のように、友だちとゲームをしながらワイワイ話す空間がMirrativには存在しています。

Mirrativの特徴はこちらをご覧ください
草の根から熱量を高めて配信者100万人。ミラティブが語る「灯火型」のコミュニティ立ち上げ論と、小さな配信の集合体が「視聴時間の80%」を支えてる話
https://appmarketinglabo.net/mirrativ-community/

*株式会社ミラティブ 公式サイト
https://www.mirrativ.co.jp/

Why we do

  • Mirrativ公式キャラクター(左:ブル太、右:ミラビット)
  • オフィスを渋谷から目黒に写し、採用も一層強化しています!

◆【人とつながる楽しさを届けたい】
10代のころから音楽鑑賞が趣味だった代表の赤川は、インターネットでの交流を通して、多くの人と音楽への想いを語り合っていました。この経験から、相手と心を通じ合える機会をもっと多くの人に届けたいと思うようになります。

その後、入社したDeNAでゲーム開発に携わったことから、ゲームを通して交流する「コミュニケーション空間」をつくろうと決意。社内スタートアップとして、「Mirrativ」を立ち上げました。本格的に事業を進めるため、DeNAを退職→MBOを経て2018年2月に当社を設立。
サービスリリース後は多くのメディアに取り上げられ、先日はフジテレビのニュース番組で当社の組織づくりについて特集いただきました。

*放送を受け、代表赤川が書いた「組織」に関するnote
https://note.mu/jakaguwa/n/nd952aee8ffc8

◆【わかりあう瞬間をつなぐ】
「人と人とがわかりあう」ことは、簡単なことではありません。でもわかりあえたら、信頼できる仲間ができ、毎日の生活が豊かになっていくと当社は考えています。仲間が増えるその連鎖が、世界を少しずつ良い方向へ導いていくはずです。

信頼する仲間と一緒に楽しめる空間をつくりたい、だからサービスのコンセプトは「友達ん家でドラクエやっている感じ」。 ただゲームをするのではなく、ゲームを通じて友達とコミュニケーションできる空間を、当社はオンライン上で再現します。サービスを通してみんなの「わかりあう瞬間をつないでいく」ために、これからも素敵な居場所を提供していきます。

How we do

  • ときに厳しく、ときににぎやかに働いています。
  • 2019年2月、Gunosy元CFOの伊藤(写真右)が新たにCFOとして参画しました。

◆【事業の魅力に惹かれて入社した社員多数】
元起業家、DeNAの新卒MVPエンジニア、上場規模のスタートアップ執行役員経験者などが参画、13万人超のtwitterフォロワーを持つ、コミュニティマネージャーも在籍しています。「ゲーム×コミュニティの可能性に魅力を感じた」「最強のメンバーと最高のビジョンにワクワクした」など、国籍を問わず当社の可能性にかけて入社したメンバーばかりです。

◆【ハイクオリティなベンチャー集団】
ベンチャーの良さを活かした少数精鋭&即断即決のスピーディな意思決定で、開発・運営が行われています。経営管理といったビジネスサイドは、複数名が役割分担しながら業務を推進中です。プロフェッショナルが集まっているため、レベルの高い次元で会話を進める→業務を推進という好循環な就業環境ができ上がっています。

◆【快適に働けるよう、さまざまな制度を用意】
◎2021年は原則フルリモート。リモート支援金も支給あり。
(目的や必要性に応じて出社が効果的な際には出社機会も柔軟にスポットで設定。)
◎希望の開発環境を準備
→デュアルディスプレイに加え、作業用のPCはwin/macから選択可能。もちろん椅子はアーロンチェア!

As a new team member

Mirrativはリリース以降、スマホ1台で配信ができる手軽さを好評を博し、現在では、スマホゲーム配信者数日本一 の配信プラットフォームとして成長しています。ユーザーの期待を超え、事業として成長するためMirrativでは日々改善を行っており、週1以上のリリースを行っています。
新規機能開発、技術負債の返済に関して両方共に積極的に行ってゆく中で、体制強化のためにiOS/Androidエンジニアを募集することになりました。

小さく速く作り、ユーザーに問い改善する。弊社の開発文化については、こちらの資料をぜひご覧ください。

▶︎ミラティブCTOからの採用候補者様への手紙
https://speakerdeck.com/hr_team/mirrativ-letter-from-cto

【直近の開発イシュー(特にiOS/Androidアプリの周辺)】
・ゲーム配信者数を現在の2倍に引き上げる
(現在、配信者数は300万人、配信者比率はユーザーの20%以上)
・配信者のARPUを改善する
・エンジニア組織、開発体制の強化

【業務内容】
ライブ配信アプリ「Mirrativ」の改善、新機能の開発及び運用をご担当いただきます。

・新機能設計・開発及び機能改善
・週1回リリースのスピード感を持ったアジャイル開発
・継続したコードの品質の改善や、自動化による開発環境の改善
・チームメンバーのコードレビュー
・デザイナー、品質管理担当といった他職能をもったメンバーとのチーム開発

その他、OSやストリーミングなどの得意領域がある方に関しては、研究開発要素の強い業務にあたっていただくケースもあります。

技術負債の解消などの取り組みは、一部をテックブログにもまとめております。
iOSに関しては、配信に使用しているフレームワーク「Replay Kit」についてWWDCで質問してきたことをまとめています。
https://tech.mirrativ.stream/entry/wwdc_2019_replaykit
Androidに関しては、開発体験向上に関する記事をピックアップしました。ぜひご覧ください
https://tech.mirrativ.stream/entry/android-dx

【必須スキル/経験】
・SwiftもしくはKotlinやFlutterを用いたiOSアプリの開発経験(2年以上目安)
・iOSアプリ開発のためのライブラリもしくはAndroid標準ライブラリOSSに対する知識

【歓迎スキル/経験】
・MVVM / Clean Architecture / VIPER / Flux等の設計思想の導入経験
・スクラムによるチーム開発経験
・LOCが100kを超えるアプリの開発、運用経験
・ライブ配信等、技術的に特徴のあるアプリの開発経験
・CI/CDによる自動テストや自動ビルドの導入経験
・OSSへのコントリビュート経験
・勉強会への登壇や技術書の執筆履歴

【こんな方と働きたい!】
・弊社のビジョンに共感して頂ける方( https://www.mirrativ.co.jp/ )
・開発方針に共感して頂ける方(https://speakerdeck.com/hr_team/mirrativ-letter-from-cto
・技術的好奇心の強い方
・プロダクトやユーザーに向き合う姿勢を取れる方
・デザイナー、PM含め他職種のメンバーと、ものづくりの為のコミュニケーションが取れる方

【一緒に働く仲間】
エンジニアチームは 現在16名 。iOS, Android, サーバーサイド, インフラ/基盤開発, Unityのチームそれぞれが専門領域に関して責任を持って取り組んでいます。各領域ごとにまとまったチームで働くより、業務プロジェクト単位で小さなチームを組成し、短期間でリリースしていくスタイルを取っています。

少数精鋭で開発を実施していかなければならない中、全員が担当プロジェクトのリードエンジニアとして振る舞い、企画やデザインへフィードバックしつつ、全体最適の目線で開発しています。

メンバー、目指す開発組織、環境などについてはこちらの資料にまとめておりますので、ぜひご確認ください。
https://speakerdeck.com/hr_team/mirrativ-letter-from-cto(チーム構成ページ)

※2021年は原則フルリモート勤務です。目的や必要性に応じて出社が効果的な際には出社機会も柔軟にスポットで設定可能です。

Highlighted stories

新CTOはミラティブをどう変える?新旧CTOの2人に、CEO赤川が話を聞いてみた。
メガベンチャーからの転職。バックエンドエンジニアチームのリード兼マネージャー、牧野が感じるミラティブの魅力。
ミラティブ社、最新の働き方事情!
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社ミラティブ
  • Founded on 2018/02
  • 61 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 東京都目黒区目黒2丁目10−11 目黒山手プレイス 8階
  • 1000万ID突破!大規模toCサービスMirrativのエンジニア募集!
    株式会社ミラティブ