1
/
5
人材/コンサルティング
on 2020-12-17 2,119 views

スタートアップに挑戦する方に寄り添うキャリアカウンセラーをWANTED!

株式会社ポテンシャライト

株式会社ポテンシャライト members View more

  • 2017年4月にスタートアップ/ベンチャー企業向け採用コンサルティング企業のポテンシャライトを設立。現在(2019年10月)までに約130社の採用コンサルティングを行なっています。
    キャリアとしては、2008年4月にネオキャリアに入社し、人材紹介事業部においてIT/Web業界を中心に支援をしておりました。その後、2011年12月にIT/Web/ゲーム系に強みを持つエージェントの立ち上げに携わり、取締役として携わっておりました。

    ポテンシャライト では、主には100名以下くらいの企業様を中心に、
     ・採用戦略の立案
     ・採用ブランディング
     ・採用媒体選定/設計
     ・採用媒体運用
     ・そ...

  • ベンチャー・スタートアップ特化の転職エージェント
    ポテンシャライトのキャリアカウンセラー。

    大学を卒業後、新卒でアパレル業界へ。
    外資系ジュエリーブランドやインポートセレクトショップの
    店舗マネジメントを経て、HR業界へ。

    IT/WEB/ゲーム特化の人材紹介会社でキャリアカウンセラーとして活躍。
    2500名以上のキャリアカウンセリング実績。

    現在はベンチャー・スタートアップへのご転職支援に奮闘中♪
    転職やキャリアのお悩みはお気軽にご相談ください!

  • スタートアップ/ベンチャー起業に特化したエージェント、ポテンシャライトのキャリアカウンセラー。RA/CAとして転職支援をしています。

    早稲田大学を卒業後、新卒で大手メーカーに入社。三年間サポート部門に従事した後、未経験で HR業界に飛び込みました。

    大手企業からベンチャー企業にチャレンジしてみたい方、私自身の経験も交えてお話できればと思います。スタートアップにご興味がある方は、お気軽にご相談ください!

  • 立命館大学法学部を卒業後、新卒でIT・通信系のベンチャー企業に入社し、
    関東全域エリアへの光回線の新規開拓営業に従事。
    現在はベンチャー・スタートアップ特化の転職エージェント ポテンシャライトのキャリアカウンセラー。
    企業担当も兼務。

    IT・Web × スタートアップ・ベンチャー企業への転職支援が強みです。
    ベンチャー勤務の経験と、求人企業に対する知識量を活かします。
    話を聞いてよかったと思っていただけるよう、候補者様に徹底的に寄り添い、
    「転職」という人生の大きな決断を精一杯サポートいたします。

What we do

  • ポテンシャライトの「Mission」です。「Grow Up」は、「成長を促進する存在として」「HR業界を変革する存在として」の2つの意味が込められています。 「Ventures」は「成長意欲がある/チャレンジをしている」とう定義です。 つまり、成長意欲がある/チャレンジをしている企業を応援していくという思想があります。
  • ポテンシャライトCEOの山根です。 山根はMVVC(Mission/Vision/Value/Culture)を重要視するタイプの代表で、自らCulture設計などにも従事し、プレイングマネージャーとして会社経営をしております。

◆「HR partner」というHR業界における新しい概念を提唱する スタートアップ×HR支援企業

ポテンシャライトはスタートアップ/ベンチャー企業のHR支援をしております。
設立後、250社様ほどの企業様のHR支援実績がございます。

——

ポテンシャライトは、
 - HRインキュベート事業
 - エージェント事業
 - Opela事業 People×Techツール
の3つが存在しておりますが、本募集はHRインキュベート事業になりますので、同事業について中心に記載いたします。

——

▶︎ HRインキュベート事業
スタートアップの採用/人事組織系の支援を行なっております。
具体的には、

<採用活動>
いわゆる採用活動全般、また採用活動の上流である「人事戦略」から入ることもございます。
 - 人事戦略立案
 - 採用戦略立案
 - 採用ブランディング設計
 - 採用マーケティング設計
  - 採用広報戦略策定
  - 採用ピッチ資料の刷新
  - Voice/Movieを用いた採用マーケティングの実施
  - 採用イベント実施
 - 各種採用ツールの作成
  - Entrance Bookの刷新
  - エントリーマネージメントブックの作成
  - その他用途に応じて採用ツールの作成
 - 採用実務
  - 採用経路の検討
  - 母集団形成
  - 書類選考
  - 最終面接後のディレクション

<人事組織活動>
「入社」を起点にして、さまざまな人事組織における支援をしております。
 - エントリーマネージメントの実施
 - 入社オンボーディングの策定/実施
 - Mission/Visionの策定/浸透
 - Value/Cultureの策定/浸透
 - マネージメント育成
 - 人事制度設計/運用
 - Wellness分野の刷新
  - 福利厚生/働き方の提案
 - 各種ポリシー策定
  - 人事ポリシー
  - 組織ポリシー
  - マネージメントポリシー
  - コミュニケーションポリシー など

◆HR業界出身の方へ 「自身の提供サービスでは顧客の課題は解決できない」と思ったことはありませんか?

ポテンシャライトには人材紹介会社、求人広告会社、HRtech系企業などあらゆるHR業界の出身者がおります。
例えば、
 - JAC Recruitement
 - Lib
 - ワークポート
 - マイナビ
 - インフラトップ
 - キャリアデザインセンター
 - イマジカデジタルスケープ
 - レバレジーズ
 - div
 - beyond cafe
 - サーキュレーション
などです。

ほぼ共通している転職理由としては、

「自身(自社)の提供サービスでは顧客の課題は解決できない」

というものでした。
この記事をご覧になっている方がHRに少しでも触れたことがある方であれば、ご理解いただけるかと思いますが、
例えば、人材紹介会社であれば、「自社が得意な職種」であれば紹介はできるかもしれませんが、それ以外は難しい。且つ入社後の「定着」「活躍」には触れることができない。
また求人広告会社であれば、自社が取り扱う求人広告だと提供可能ではありますが、それ以外では難しい。且つ求人広告で採用が不可能な場合もある。にもかかわらず強引に提案する。

こういった実態はあるかと思います。

当社ポテンシャライトは「HR partner」というポジションです。
ありとあらゆるスタートアップの内部に入り込み、そのスタートアップの「人事」として縦横無尽に動き続け、相手となるスタートアップ企業よりも熱量を持って、HRという側面からスタートアップを成長させるポジションを担います。そのため、

「ポテンシャライトが提供できないサービスは ”ない” 」

と顧客には伝えています。

◆取引企業例
プレイド、ヤプリ、Repro、エブリー、17 LIVE、リブセンス、クラスター、カバー、BitStar、Cygames、ミラティブ、マイネット、ユニファ、メルペイ、ヘイ、Nature、リンクアンドモチベーション、セブン銀行、東急など多数

Why we do

  • ポテンシャライトのVisionです。 常にHR市場のトレンドの最先端を歩みたい。「今」の採用ベストプラクティスは「1年後」には廃れています。 HRノウハウやベストプラクティスを日々アップデートし、ベンチャーHR領域の領域でダントツの存在であり続けたいと考えています。そのため「ビジョン」にゴールはなく、常にベンチャーHR領域においてStandardを創っていく存在としててあり続けたいと思っています。
  • ポテンシャライトのメンバーの一部です。Mission/Visionに共鳴をしてジョインをしてくれているメンバーです。20代、30代のメンバーが多く在籍しており、日々、Mission/Vision達成に向けて力を合わせて仕事をしています。仕事への熱量は高いメンバーが揃っており、各年代においてHR業界を引っ張っていけるような能力を持つメンバーも所属しています。

◆全世界において「ベンチャー×HR」のstandardを創っていくことを、本気で目指しています。

皆さん、近年の日本のプロダクト(企業)で、「日本に”あって”、世界に”ない”もの」は、ほぼ ”皆無” なのではないでしょうか?

現在のトレンドである、SaaSも海外にすでにあるサービスがほとんどかと思います。そして皆さんが日々使用しているアプリはどの国が開発していますでしょうか?例えば、Uber eats、airbnb、Netflix、これらはすべてアメリカです。アメリカ産のサービスを僕らは日本で使用しているのです。

つまり、「日本の生活は海外のお下がり」なのです。

これはポテンシャライトが属している「HR領域」も同様で、日本の現在トレンドなHR tech系のサービスは、3〜5年ほど前にすでにトレンドになっており、日本は遅れています。テックタッチにおいてはこのスピード感で世の中のトレンドが動いているのです。

この事実について、悔しいと思いませんか?

ただ、「ベンチャー×HR」というフィールドにおいて、”HRノウハウ”の量・質において、当社ポテンシャライトは世界を見渡しても引けを取らないと自負しています。
定量的な評価はしにくいかと思いますが、日本においては ”HRノウハウ”の量・質はすでにトップクラスと自負しており、世界にチャレンジしていけると感じています。

代表の山根がメンバーに対して送ったメッセージを抜粋します。

——
ポテンシャライトは今いい位置にいると思っている。
ポテンシャライトが創出している採用/人事領域のゼロイチ(ノウハウ)は、世界中のどの企業も持ち合わせていないものもある。”全世界”において、ポテンシャライトが一番早くそのノウハウに辿り着いている。つまりリーディングカンパニーだと思っている。
——

ヒューマンタッチである採用領域においては、ポテンシャライトは日本、いや世界でも1番を目指したいと思っています。

◆日本のGDPが伸び悩み、グローバルカンパニーが生まれない原因は自分(ポテンシャライト)に責任があるのではないか?


代表の山根が、ポテンシャライト立ち上げ前に感じた疑念でした。

山根はHR業界に20年近く在籍をしています。そのうち10年間はIT/Web業界向けのエージェント業を経験しており、リクナビネクストが主催するキャリアカウンセラーランキングで1位(3000名中)も獲得しています。
HR業界でがむしゃらに走りながらも、やりきれない、課題意識がありました。それは、約10年間エージェント業を経験して最も痛感したのは「ベンチャー企業とHR業界の相性は悪い」ことだったのです。

エージェント出身者はご理解いただけるかと思いますが、成果報酬のビジネスモデルです。「採用ハードルが低い企業に、いかに大人数を紹介するのか」が売上拡大のポイントになります。

当時、山根はベンチャー企業を担当することが多くありました。ただ、ベンチャー企業は「採用ハードルが高く」、「年収が低く」、「社格や認知度が低い」ことが多いです。エージェントからすると、ターゲットクライアントからは外れてしまうことが多いのです。これは株式会社である以上、致し方ないことです。

2016年頃に大手エージェント数社が「ベンチャー支援室」という部署を立ち上げており、ベンチャーに寄り添う姿勢は見せていましたが、結果的にその部署は1年半程度で閉鎖。推測になりますが「売上が上がりにくいから」という理由だと思います。

その時思ったのです。

「HR業界はベンチャー企業から背を向けている」

日本のGDPは直近20年間、ほぼ成長していません。
また、VCによるベンチャーへの投資額は、2017年のデータによると、日本では約2000億円弱であるのに対して、中国では3兆円、アメリカでは9兆円を超えています。このままでは、中国には引き離され、インドなど東南アジアの先進国が日本を追い抜かす日は近いでしょう。

経営資源の中で最も振れ幅が大きい「人」の要素。
日本からグローバルカンパニーが生まれていない理由の一つは、「人材業界の構造/あり方」に問題があると考えています。それを解決したいと思い、ポテンシャライトを創業しました。

How we do

  • ポテンシャライトのCultureです。 当社は「Value」は理想の状態。「Culture」は今の状態として定義しています。この10つのCultureは2021年4月に全社的に共有しており、当時のメンバー全員でボトムアップ式で策定をしております。
  • 社員総会の写真です。社員数としては25名程度。従業員数は50名程度の規模になってきており、会社として一体感を大事にしています。

◆利益と思想のバランスを重視。「営業」「マーケティング」という概念はなく、全ての行動が「ブランディング」に繋がる、という思想を持っています。

ポテンシャライトは、2017年に創業して以来 一切新規営業をしていません。
テレアポもメール営業もおこなっていませんし、広告施策も打っておりません。

なぜならば、「目の前のお客様を最大限幸せにする = 顧客満足度を限りなく上げる」ことが一番の営業であり、マーケティングであると考えているからです。
設立以降、4年半で300社程度のHR支援をしてまいりました。いずれも満足度が高くなるように、最大限貢献をしたつもりです。

その結果、「お客様がお客様をご紹介いただける数」が年々増えています。現在は、1ヶ月に30社様ほどのお問い合わせ/ご紹介を頂戴しております。

また、当社はブログにてノウハウを惜しみなくアウトプットしています。

「ポテンシャライトはなぜここまでノウハウをアウトプットするのですか?」

と聞かれることが多くあります。

我々はノウハウを無償で発信することを全く恐れていません。
理由は二つあります。一つ目は、スピード感の早い業界に身を置いているからこそ、今この時のノウハウは数ヶ月後にはもう廃れている可能性があり、自分たちが常に新しいノウハウを得ていくという自負があるからです。
二つ目は、積極的にGIVEすることで当社のファンになっていただける方を増やしていくことを大切にしているからです。その長期的な結果として、お客様のお引き合いをいただけています。

◆「カルチャー」を最も重視した経営をしております

「ポテンシャライトさんはノウハウ・実績が強みですね」

とお客様に仰っていただくことがあるのですが、当社の強みはノウハウ・実績ではなく、

「カルチャーである」

と自信を持って言いたいです(言える文化を創っています)。

なぜならば、ノウハウ・実績を生み出したのは間違いなくポテンシャライトの「カルチャー」が起因しています。
そのため、カルチャー醸成に最注力をすることによって、永続的に成長できる企業を創れると思っています。
世界に目を向けてもNetflix、Zappos、Disney、Starbucksなど素晴らしい企業様ほどカルチャー経営を重視していると思っています。

ポテンシャライトのカルチャーは、

 1. challenge yourself
 2. zeroichi culture
 3. full flat
 4. deploy driven
 5. good communication
 6. share the all
 7. issue driven
 8. have an opinion
 9. make to do 
 10. do construction

という10つがあります。このカルチャーは全社員で意見を出し合いながら決めたのですが、今後も柔軟に修正をしていくつもりです。
※詳しくはこちら
https://speakerdeck.com/yamanekazuki/potensiyaraito-karutiyanituite

◆研修時間:85時間。 HRノウハウブログ:71件。 オンライン研修動画:33件 を準備しています。

ポテンシャライトの顧客はスタートアップであり、ポテンシャライト も スタートアップです。

ただ、研修体制はしっかり準備しており、
 - 研修時間   :85時間 ※入社前後において
 - HRブログ数  :71件  ※4000〜8000字程度
 - オンライン動画:33件  ※30〜120分程度
を体型的に整理しています。

入社前、入社日、入社1週間以内、入社2週間以内、その後は入社8週間以内までカリキュラムを策定しており、HR未経験の方でも立ち上がれるような研修を準備しています。

また、ポテンシャライトが持っているノウハウは、ポテンシャライト独自なノウハウが非常に多いため、おそらく皆さんこれら全てが「初見」かと思います。
そのため、「高校/大学受験勉強をしていた頃くらい、勉強することになるかもしれません」とお伝えしています。

ただ、こんなにHR業界のことを勉強できる余地があること、ワクワクしてきませんか?
そして、1年後にはもっとノウハウが増えますし、何より貴方が日本/世界に存在しないHRノウハウを創り続けるのです。

3年後にポテンシャライトにジョインする方は、覚えることが今の2倍以上になっているかと思うので、大変かもしれませんね。

As a new team member

ポテンシャライトは「ベンチャー採用/転職のstandardをポテンシャライトに」というビジョンのもと、スタートアップ/ベンチャー企業向けの採用支援/人事組織支援/転職支援、そしてSaaSプロダクトを展開しています。
日本からグローバルカンパニーを創出するために、
そして私たち自身も、世界でも有数なHRノウハウを持つ企業を凌駕していくために、
「Go to global」という世界観を持ち、挑戦し続けています。
一緒に「日本の未来」を採用という側面から切り開いていきませんか?

◆職務内容
キャリアカウンセラー/リクルーティングアドバイザーの両面をご担当いただく予定です。
ポテンシャライトはカウンセラーと法人営業を分けておらず、どのメンバーの両面をご担当いただいております。ご希望によってはどちらかを専任でご担当いただく可能性もありますが、話し合いの上で職務内容を決定して参りましょう。
今後のポテンシャライトを牽引していく「人材紹介事業」において、代表の山根、その他一流プレーヤーの濱口などの元でゼロから学ぶことができるポジションになります。

【リクルーティングアドバイザー】
・クライアント組織課題のヒアリング
・求人情報のヒアリング
・その後転職決定までのディレクション
※インバウンドでお問い合わせをいただくことが多いため、新規開拓は原則ございません。

【キャリアアドバイザー】
・キャリアカウンセリング
・面接対策
・入社後サポート

◆必須要件
・販売もしくは営業経験がある方
※法人営業、個人営業は問いません。

▼こんな方はぜひエントリー下さい!
・スタートアップ/ベンチャー支援に興味がある方
・当社ビジョンや事業に共感いただける方
・未経験だけどベンチャー企業で挑戦したい方

◆ポテンシャライトのエージェント事業説明
https://speakerdeck.com/yamanekazuki/bentiyaniqiang-miwochi-tueziento-potentialightfalsete-zheng-wogolan-kudasai-c4dca43b-c650-475e-ba5d-9c113f01e909
こちらをご覧くださいませ。

◆本ポジションの魅力
・将来のGoogle/Facebookを日本から輩出する企業として
前述した魅力と連動しますが、ポテンシャライト が描きたい世界観は、日本からGoogleやFacebookのような企業を輩出することです。ただ、現状の日本の人材業界はベンチャー/スタートアップに注力をしないため、多くの企業が「採用」がうまくいかずに衰退していってしまっています。
そのため、将来のGoogleやFacebookのような企業が「アーリーフェーズ」で苦戦をしないように、「採用」という側面からフォローをしていきます。

・ベンチャー/スタートアップ向けの人材紹介は希少
人材紹介をやる上で、ベンチャー/スタートアップに特化している企業は稀です。大手企業に注力をしたほうが人材紹介会社としては売上が上がりやすい、という理由からです。そのため、ポテンシャライトのようにベンチャー/スタートアップに特化している企業は少なく、希少価値は高いです。

・誠実にまじめに顧客ファーストを貫く
多くの人材紹介会社は「数値(目標)」に厳しい企業が多いです。
目標達成意識はもちろん必要なことではございますが、
数字が先行し過ぎてしまうと本質的な企業/求職者支援のアクションから遠ざかります。
顧客最適でない非本質的なあり方に異を唱え、変革していきたいと考えています。

・代表の山根は過去にキャリアカウンセラーランキングで受賞しています
リクナビネクストキャリアカウンセラーランキングで優勝をしており、実績をあげております。人材紹介市場の中でも名が知れています。

・ポーターズマガジンにも掲載されたカウンセラーがおります
当社濱口はポーターズマガジンの「トップカウンセラーの舞台裏」にも取材を受けております。
https://hrbc.porters.jp/magazine/special_detail/id=530

会社を一緒に盛り上げ、共に成長し、日本のベンチャーを元気にしませんか??
お気軽にエントリーください!

Highlighted stories

自身のキャリアは大迷走!親和性ゼロの業界から完全未経験でキャリアアドバイザーになった話
ポテンシャライトは選考における求める人物像を公開しております。
Potentialight’s Cultureブログ総集編!
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社ポテンシャライト
  • Founded on 2017/03
  • 20 members
  • 東京都渋谷区東3丁目22−8 サワダビル5F
  • スタートアップに挑戦する方に寄り添うキャリアカウンセラーをWANTED!
    株式会社ポテンシャライト