1
/
5
Mid-career
資材調達・製造マネジメント
on 2021-03-22 130 views

自社ブランドIoTハードウェア製品の量産立ち上げスタッフ募集!

株式会社アプトポッド

株式会社アプトポッド members View more

  • Hikaru Kashiwazaki
    SRE / サーバサイドエンジニア

  • Junichi Sakamoto
    Marketer

  • アプトポッドのプロダクトのかっこ良さ、先進性、対象とする市場の大きさ、社会的意義、人・組織に魅力を感じ2017年5月からジョイン。急拡大する組織を、支援していきます。

  • Hirotaka Kajita
    Engineer/programmer

What we do

  • 大量の時系列データを双方向かつリアルタイムに伝送するIoTプラットフォーム「intdash」
  • デザイン性にもこだわり、近未来的なUIを持つWebダッシュボード「Visual M2M」

アプトポッドは、IoTプラットフォームの自社開発やIoT関連ソリューションの販売により、製造業を中心にあらゆる産業のDXに貢献する研究開発型テックベンチャーです。

大量の時系列データを収集・管理するIoTプラットフォームクラウド「intdash」や、自動車が吐き出す大量データをエッジで処理する車載コンピュータ「EDGEPLANT」、収集した時系列データをリアルタイムに可視化するWebダッシュボード「Visual M2M」などの自社企画製品の開発を行いつつ、これらを組み合わせたソリューションの提供や、受託開発を行っています。

当社の強みは、当社が「ファストデータ」と呼ぶ膨⼤かつ高頻度な時系列データを⾼速に伝送、収集することです。自動車、ロボット、産業機械などの様々なデバイスをコネクテッド化し、遠隔データ収集、可視化、制御といった難易度の高いサービスを実現する高度なIoTプロダクトを開発しています。

【プロダクト】
■ intdash
自動車や産業機器と、遠隔地にある可視化ツールや操作端末とをインターネットを介してつなぎ、大量かつ短周期な高頻度データをリアルタイムに、双方向に伝送するためのIoTプラットフォームです。intdashを利用することで、遠隔監視や遠隔操縦、自動運転などIoTサービス実現の要となる、超低遅延な双方向伝送を実現します。
https://www.aptpod.co.jp/products/intdash/about-intdash/

■ Visual M2M
intdashを使用してクラウドに収集した膨大なセンサーデータを、リアルタイムに可視化・解析するWebベースのダッシュボードツールです。世の中にWebダッシュボードツールは複数ありますが、当社製品のようなリアルタイム性を備えたプロダクトは、リリースから数年が経った今でも現れていません。解析用途に応じて拡張が可能で、見た目のかっこよさにもとことんこだわった先進的なデザインのインターフェースが魅力です。
https://www.aptpod.co.jp/products/data-visualization/

■ EDGEPLANT
EDGEPLANTは、産業DXで必要となる堅牢かつ高性能な自社企画ハードウェアの総合ブランドです。高度なAI処理を実現する車載規格対応のGPU搭載エッジコンピュータ「EDGEPLANT T1」や、各種制御バス、センサーネットワークに接続するためのインターフェイス機器、専用カメラシステム(予定)などで構成されています。
https://www.aptpod.co.jp

【実例】
■本田技研工業様 マーシャル諸島共和国ソーラーEV共同実験プロジェクト
マーシャル諸島共和国にて立ち上がった「ソーラー電気自動車(EV車)プロジェクト」に『Visual M2M』が採用された例です。
車両のバッテリー状況、位置情報等各種データを記録するための装置を搭載し、クラウドサーバーへ上がったデータの運用状況を日本でモニタリングし、不具合があった際に迅速に対応する体制をつくりました。
https://www.aptpod.co.jp/casestudy/001/

■トランポリン選手の練習テスト計測
JISS(国立スポーツ科学センター)と協業し、スポーツにおける取り組みも行っております。
iPhoneを体に取り付け9軸センサーを用い体軸を計測。リアルタイムに体軸の動きやブレがわかる3Dモデルや散布図を表示し選手へフィードバックするといった、科学的な練習を実現するための支援も行っています。
https://www.youtube.com/watch?v=u8RUKfNgBBg

その他、自動車、建機/農機/重機、ロボティクス、スマートファクトリー、ヘルスケアなど、様々な業界の案件を多数抱えております!

【研究開発】
■ 独自ストリーミングプロトコル
・双方向リアルタイムストリーミング
・不安定なモバイル回線でもすべてのデータを欠損なく完全回収
・すべてのデータに時刻情報を付与して時系列データとして管理
・P2P伝送やエッジサーバーを組み合わせた低遅延化
■ スケーラブルデータストア
・1台につき毎秒数千〜数万点を超える大量データを確実かつ高速に永続化
・独自の分散保持機構により、大規模運用に耐えうるスケーラビリティを確保
■ メディアデータプロセッシング
・モバイル回線経由での低遅延動画ストリーミング
・複数カメラデバイスからの映像を合成伝送し省帯域化
■ リアルタイムインテリジェンス
・機械学習による動画ストリームのリアルタイム推論
・リアルタイムストリームの監視と不正検出

Why we do

  • 代表の坂元はマイクロソフトの出身。IoTという言葉がバズワード化する以前から、IoT/M2M事業を手掛けてきました。
  • 大手自動車メーカーや建機/重機メーカーなど、製造業の大手企業様のDXを陰ながら支えています。

当社の強みは、インターネットやモバイル網を使用した大量かつ高頻度なデータ(ファストデータと呼んでいます)の伝送と、伝送された大量データの処理技術です。

一般的なIoTビッグデータと、当社が強みを持つファストデータは、結果的にどちらもビッグデータとなることは同じでも、その性質には大きな違いがあります。一般的なIoTデータは、Thingの数が膨大なためにビッグデータにはなりますが、ひとつひとつのThingが吐き出すデータは「1秒に1つ程度の低頻度なデータ」であることがよくあります。一方で、当社が対峙する自動車やロボットといったインテリジェントデバイスの場合には、1つのThingが大量かつ高頻度にデータを吐き出します。たった1つのThingが、秒間数千〜数万点のデータを吐き出すだけでも、1時間も経過すれば、あっという間に百万点を超えるデータが集まってしまいます。

一般的なIoTデータを取り扱う場合には、クラウドサーバーを水平スケールすれば対応が可能です。エッジコンピュータもクラウドサーバーも一つ一つはある程度非力で構いません。しかしファストデータを取り扱うには、エッジにもクラウドにもそれなりに高性能かつ高度なプロダクトが必要であるだけでなく、これらを正しく垂直統合でインテグレーションするためには、実際の現場で培った経験や知見が必要になります。

当社はこれまで、大手自動車メーカー様や工作機械メーカー様と、数多くのDXプロジェクトをこなし、実際の現場でさまざまな経験を蓄積して参りました。これらをひとつずつフィードバックして開発されたのが、前述の「intdash」や「EDGEPLANT」「Visual M2M」です。これらのプロダクトと、泥臭く地道に実践知を身に着けた当社の開発チームは、他社様で成功させることができなかったIoTプロジェクトの駆け込み寺として、いくつものプロジェクトを成功に導いてきました。

私たちは、多くの経験に裏打ちされた確かな実践知により、製造業をはじめとするあらゆる産業のDXに貢献すべく、高度で高性能なプロダクトを開発し、日本のIoTを牽引しています。

How we do

  • 技術のわかる経営陣と現場メンバーが、直接議論し合いながらプロダクトやソリューションの方向性を決定していきます。
  • オフィスの所在地は、新宿から丸ノ内線ですぐの四谷三丁目。適度に繁華街からも離れていて快適です。

現在社員は総勢60名ほど在籍しており、そのうち6割程度がエンジニアです。当社は、IoT事業を推進するために必要なすべてのスタックを一社ですべてカバーしているため、下は電気回路を担当するハードウェアエンジニアや組み込みLinuxエンジニアから、上はサーバーサイド、フロントエンドエンジニアまで、幅広い技術領域のエンジニアが在籍しています。

社内には、自社プロダクトを開発するグループと、お客様ごとのソリューション開発を行うグループの2つのグループが存在し、自社プロダクトの開発グループでは製品ごと、ソリューション開発のグループではお客様ごとにプロジェクトチームを組んで開発にあたっています。各プロジェクトチームは、それぞれの技術領域のエンジニアが混在した少数精鋭チームとなるため、各自の専門領域だけでなく、隣接の技術領域からの刺激も日々受けながら、業務に取り組むことができます。

多くのプロジェクトチームや技術領域にメンバーが分散することで、チームひとつひとつの規模が小さくなりやすいため、会社規模の割には、各メンバーの裁量は大きく、さまざまなことにチャレンジしやすい環境となっています。それぞれのチームが小さいことで、全社的にもまだまだスタートアップや大学の研究室のような雰囲気が残っています。

また、当社は、フレックスタイム制や裁量労働制を導入しており、働いた時間ではなく上げた成果に応じて評価される仕組みになっています。当社にはバリバリ働きたい若手エンジニアだけでなく、子育て世代のパパエンジニアも多く、子どもの生活時間に合わせて早朝開始早上がりのメンバーがいたり、そもそも時間を短く短期集中で業務をこなすメンバーがいたり、人によりワークスタイルは様々です。ひとりひとりのワークスタイルやライフスタイルを尊重し、各自が最大限にパフォーマンスを発揮できるスタイルを選択できることで、柔軟な働き方と圧倒的な成果を実現しています。

当社のエンジニアが気ままに綴る技術ブログもおかげさまで好評を頂いております。よろしければご覧ください。
https://tech.aptpod.co.jp/

As a new team member

【職務概要】
・自社ハードウェア製品の試作/量産にともなう部品の調達業務や製造委託先とのコミュニケーション
・顧客毎にカスタマイズが必要なPoC案件のハードウェア資材調達 (3rd party製品や副資材の購買)
・BOMの管理 (OpenBOMという部品表管理ツールを利用します)

自社ブランドのIoTハードウェア製品(EDGEPLANT)の量産立上げに伴い、資材調達・製造マネジメント業務の体制強化が目下の課題となっております。
現在は設計者が兼任している上記の業務を一人目の専任スタッフとして担当していただき、社内外連携したプロセスと体制の構築を大きな裁量をもって推進していただけます。
レガシーのないゼロからのスタートとして、攻めの資材調達組織の立上げをお任せいたします。

【必須要件】
・試作/量産購買業務にチャレンジする意欲
・スプレッドシートを利用したデータ整理、分析能力
・社外パートナーとフラットな関係で信頼関係を構築できる高いコミュニケーション能力
・英語でのコミュニケーション能力 (英文データシートの読解や海外パートナーへのメール/チャットでの問合せができること)

【歓迎要件】
・機構部品や電気・半導体部品に関連した調達、営業、開発設計、製造技術業務の経験
・海外の部品メーカーやEMSとのコミュニケーション経験
・販売計画をもとにした生産計画の立案経験
・製造業における品質改善経験 (原価低減、4M管理など)
・輸出入業務の基礎知識 (該非判定など)
・環境規制の基礎知識 (RoHS、REACHなど)
・製品コンプライアンスの基礎知識 (CE, FCC, CCCなど)
・中国語でのコミュニケーション能力

Highlighted stories

【TechBlog】Linux で CAN通信するために EDGEPLANT CAN-USB Interface を利用する
【TechBlog】コロナ禍でUIデザイナーが8ヶ月間、産休&育休を取りました
【TechBlog】AWS障害をより広い範囲で把握するために
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社アプトポッド
  • Founded on 2006/12
  • 60 members
  • Funded more than $300,000 /
    Featured on TechCrunch /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都新宿四谷4-3 四谷トーセイビル3F/5F
  • 自社ブランドIoTハードウェア製品の量産立ち上げスタッフ募集!
    株式会社アプトポッド