1
/
5
法務コンテンツ開発・分析 英文
Mid-career
on 2021-04-21 698 views

法務・英語力を活かして話題のリーガルテック事業に携わりたい方を募集!

株式会社LegalForce

株式会社LegalForce members View more

  • 弁護士です。
    ''企業法務領域において革新的なリーガルサービスを提供し、公正で調和した豊かな世界を実現する’’を創業理念に、株式会社LegalForce及び法律事務所ZeLoを創業しました。

    ぜひ一緒に新たなリーガルサービスを作って行きたい方、ご連絡ください!!
    特にエンジニアの方、大歓迎です!!

  • 東大教養学部卒,同大学院総合文化研究科修士課程修了。
    マッキンゼー日本支社にて3年間コンサルティング業務に携わる。
    日系・外資系の製造業クライアントを中心に、AIやIoTを活用した新規事業戦略の立案から、既存事業の調達費用最適化まで幅広い業務に従事。アナリストから、ジュニアマネージャーまでのロールを経験。
    日本、米国、中国、英国の「働き方」を見聞し、日本のビジネス慣行の遅さ、旧さ、非効率さを痛感。クライアントサービスを超えたインダストリーレベルのインパクトを追求するためLegalForceに参画。
    LeaglForceでは事業開発責任者を経て、2019年7月より最高執行責任者を務める。

  • Aiko Karasawa
    法務開発、コンプライアンスマネージャー⇒マーケティング

  • 静岡県浜松市出身。
    大学卒業後、法律事務所パラリーガルを経て、2019年1月に株式会社LegalForce入社。
    法務開発部門でコンテンツ作成、オペレーション構築を担当。その後、製品企画部門でプロダクトマネジメント業務に従事。

What we do

わたしたちは、リーガルテック領域のスタートアップです。

https://legalforce-corp.com/

現在は AI と SaaS を掛け合わせた契約書レビューサービスである「LegalForce」と、AIを用いた次世代型クラウド契約書管理システムの「LegalForceキャビネ」を開発・販売しています。

「リーガルテック」はまだまだ聞き慣れない単語かもしれません。
リーガルテックはDXが進んでいる領域の一つで、法律関連の業務やタスクをテクノロジーでより効率化し、洗練されたプロセスを支援する業界です。

近年、リーガルテックの普及により、徐々にIT化が進んでいる法務領域ではありますが、まだまだDX化が進んでいない領域もあります。契約書レビューや契約書管理はまさにその領域で、参入障壁も高いことから弊社はあえてそこを攻めて行こうと考えています!

同じ管理部門である経理や人事がクラウドサービスを使いこなしてどんどん仕事を効率化していく傍らで、法務やそれを支える弁護士は長時間労働を余儀なくされています。
しかし今、「働き方改革」の流れのなかで「変わらなければならない!」といいう企業法務の方々の希望、要望も大きくなりつつあります。

伝統を体現する「法」を最先端の「テクノロジー」と結びつけることで、今以上の価値を企業社会にもたらし、法のために働く人たちの幸福に寄与するために、わたしたちは創業し、サービスを開発・運営しています。

Highlighted stories

【LegalForce調査レポート】約8割が「DXは進んでいない」と回答
契約書書類をPDF化して「LegalForceキャビネ」にアップロード 「LegalForceキャビネ スキャンプラス」提供開始
非営利団体の法務支援を行う弁護士ネットワーク「BLP-Network」へ AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」提供開始
Other users cannot see whether or not you're interested.
13 recommendations
Company info
株式会社LegalForce
  • Founded on 2017/04
  • 338 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階
  • 法務・英語力を活かして話題のリーガルテック事業に携わりたい方を募集!
    株式会社LegalForce