1
/
5
コーポレートスタッフ
on 2021-07-07 485 views

障がい福祉領域の研修動画サービスベンチャーでバックオフィス構築!

株式会社Lean on Me

株式会社Lean on Me members View more

  • 「障がい者にやさしい街づくり」とか「ダウン症の弟」とか言ってるけど、いちいち「障がい」とか言わなくても誰でも当たり前に「配慮の仕方を知った上で普通に接すること」ができる真のノーマライゼーションな社会を実現したいと思っている。

  • 主に経理~開示を担当しながら、社内の業務改善やツール導入プロジェクトに参画してきました。

    仕事に取り組む中で、『正解のある分野はとことん効率的に、正解を模索する分野は目的意識を明確にし、柔軟に向き合う』ということを心がけています。

    経理の仕事は法や制度によってほとんど正解が定められているので、正確さとスピードを追及すべき分野です。
    プロジェクト推進や業務改善のように、正解を探しながら自ら変化していく必要がある仕事では、目的を常に意識して「芯を食った」動きができるようでありたいと考えています。

    どの業務の場合も、コミュニケーションやチームメイトとの信頼関係がなければ一気にパフォーマン...

What we do

■Special Learningを、障がい福祉施設へ!■
ダウン症の弟を持つ当社代表の志村。幼い頃から、もっと多くの人が「障がい」について理解と認知をするべきだと感じていました。

知的障がいをもつ方々は、特別支援学校を卒業後、全体の約3割が就職します。残りの7割の方々は、障がい福祉サービス事業所で日常生活に必要なスキルを身に付ける支援を受けたり、生活や仕事につながるような作業をしたりします。

実は、この障がい福祉サービス事業所では、年間2000件を超える事件や事故、虐待などが報告されています。そのほとんどが支援者側の知識や経験の問題、支援者が受けるべき教育の不足が原因だとされています。

支援者の方自身も「この方法は、本当に正しい支援につながっているのだろうか」——そんな思いを抱えながら日々支援に当たっています。 施設の利用者である知的障がいのある方々のためを思ってしていることが、裏目に出てしまっていたり、さらには無意識の虐待につながってしまっている。そんな悲しい現状を変えたい。それが起業の発端です。

当社はまず、日々の業務に追われ教育を受ける時間の確保が難しい支援者の方が、スマホなどでスキマ時間を活用して学べるeラーニング教材の必要性を見いだし、サービスを開始。2016年のローンチ以降、ユーザー数は2021年1月時点で25,000を突破。多数のメディアでも取り上げられるようになりました。

株式会社Lean on Meのゴールは、誰もが当たり前に、「配慮の仕方を知った上で普通に接すること」ができる社会の実現です。知的障がいがあって、言葉を発することができない方が、写真を1枚見せただけで目的地までひとりで行って帰れる、そんな社会になることを目指しています。
https://leanonme.co.jp/30trial/

■受賞歴&メディア実績■
大阪府起業家スタートアッパー(地域部門1位 総合2位 受賞)
大阪府ベンチャー企業成長プロジェクトBooming!2.0と4.0に採択
第15回日本e-Learning大賞ダイバーシティー特別部門賞を受賞
AbemaTVやNHKおはよう日本に出演
日経新聞やYahoo!ニュースに掲載
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe9d6d2b81fbe74eba9f4dd52c84a078e6f1ff97

■当社代表の志村が、<メイクマネーUnder30>に出演しました!■
堀江 貴文さんや佐山 展生さん、岡島 悦子さんら名だたる起業家の前で事業のプレゼンを行なう、起業リアリティショー「メイクマネー」に当社代表の志村が出演いたしました!
当社事業内容についての理解も深まりますので、ぜひご覧ください!(開始42分頃の出演です)
https://www.youtube.com/watch?v=mRGuIwT6d18&feature=youtu.be

Why we do

【障がい者にやさしい街づくり】
リーンオンミーは、「障がい者にやさしい街づくり」という理念を掲げています。

■代表の志村よりメッセージ
いつか、「障がい」という言葉がいらない社会に。
私にはダウン症の弟がいて、母は障がい者支援の仕事をしていたので、幼い頃からもっと多くの人が「障がい」について理解と認知するべきだと感じていました。

成人し、自分も知的障がい者支援施設で働き出したとき、支援者の方たちが「自分のやり方は正しいのだろうか?」と悩みや葛藤を抱いていることを知ります。

そこで、忙しい支援者の方がスマホなどでスキマ時間に学べるeラーニング教材の必要性を見いだし、立ち上げたのが「株式会社Lean on Me」です。知的障がい者の方との接し方からマネジメント方法まで、さまざまな動画コンテンツを配信することで支援者の方をサポートしています。

実際に教材を利用した方からは「対応に自信が持てるようになった」という喜びの声も頂き、支援者の方を助けることが障がい者の支援につながっていると実感しています。今回採用する方にも、この教材をより広めていってほしいですね。

そしていつか「障がい」と言わなくても、誰でも当たり前に優しさが受け取れる社会を実現していきたいと思っています。

How we do

  • フルリモートのため、コミュニケーションはzoomなどのオンラインツールを使って行なっています。

■リーンオンミーが大切だと思う、働く人の素質■
≪偏見なく人付き合いができる方≫
障がいがある方に対してはもちろん、人付き合いにおいて偏見を持たない方。誰もが同じ人間であるという前提理解がある方。「障がいの有無に関係なく、誰もが平等に豊かな生活が送れる社会」を目指す当社では、そうしたマインドを非常に大切にしています。

≪自らの頭で考えて行動を起こせる方≫
業務や仕事に関して、流れ作業で請け負ったり、ただ言われたままに行なうのではなく、少しでも良い動画コンテンツを生み出そう!という気持ちで取り組んでくださる方を求めています。また狭い業界でもあり有識者の方とお会いする機会も多いため、最低限のマナーやわきまえをお持ちの方や他人に対し尊敬の気持ちを持てる方のほうが活躍いただける環境です。

≪スピード感を持って働くのが好き!という方≫
ベンチャー企業である当社は、仕事でのスピード感を大切にしています。早いレスポンスで業務をしていくことで、お客様である支援者の方、さらには知的障がい者の方々、そのご家族にすばやくより良いサービスが届くと考えています。また、まだまだ発達途上の福祉の分野において日本をリードする存在になるべく、サービスの決定、導入スピードをゆるめることなく継続していきます。そのため、下記のような働き方ができる方は親和性があると考えています。

・自らPDCAを早く回せる人
・ゴールを見据えて徹底的に取り組める人
・指示待ちではなく自分から仕事をとりにいける人

【当社で働くやりがい】
知的障がいのある方の生きづらさを解消するために、本気で取り組むメンバーと一緒に働きませんか?

あなたの働きかけで、障がいのある方々と日常的に接している施設スタッフが効率よく学習でき、悩み解消につながり、さらには、障がいのある方々の支援にもつながっていきます。

変化に強く、ベンチャーならではのスピード感の中で楽しみながら仕事をしたい!という方、知的障がいのある方のプラットフォームを作るために、本気で取り組める方、是非一度お話ししましょう!

【当社が目指す未来】
将来的には障がいがある方のポータルサイトとして、知識にとどまらず、商品情報やニュースなど支援者やご家族に役立つ情報が提供できるサイトを目指しています。「障がい」に関することなら、ココ!といってもらえるような障がいがある方のより良い暮らしに直結する空間を作ることが大きなテーマです。

【環境やメンバーについて】
当社ではこれまで、主に代表の志村が中心となって広報活動を行っておりました。今後の事業拡大を見据え、この度、新たに広報担当を募集いたします。当社における広報の基盤を作り上げていただくスターティングメンバーです。『Lean on Meの認知度アップに貢献したい!』、『広報機能の立ち上げに携わりたい!』といった思いをお持ちの方に、ぜひお越しいただきたいと思っています!

メンバーの経歴も千差万別、元バンドマンやお笑い芸人を目指していたメンバーなど、愉快な仲間がたくさんいます。若い社員も多く、ベンチャー企業として「これからの価値」を生み出す業務に携われるため、多くの経験と刺激を受けていただけるのではないかと思います。

また当社はライフワークバランスに重きを置いており、勤務時間はフレックスタイム制度を採用。リモートワークや時短勤務をご希望の方も歓迎しており、ご自身の生活に合わせてプライベートも大切にしながらお仕事していただくことが可能です!

As a new team member

現在、1人のメンバーがバックオフィス業務全般を担当しております。
会社の急成長に伴い、バックオフィス機能の再構築を進めている段階のため、今後の会社を支えるコーポレート担当を募集致します!

事業はこれからも成長し、会社は拡大していきます。
会社の将来像を描きながら、“それぞれのフェーズでバックオフィスにどんな役割が求められるか”を一緒に考えていけるメンバーを求めています。
会社をいかにして支えるかの最善策を一緒に探していきましょう!

現在、記帳業務は税理士に、給与計算・社会保険料の申請は社労士にアウトソースしています。
提携業務については社外リソースをうまく活用しつつバックオフィスデザインをメインに動いていきます。

◆採用形態
※面談時にご希望をお伺いいたします
中途採用(社員)、パート・アルバイト

◆業務内容
ご経験や適性に応じてお仕事にお任せ致します。
・請求回収業務
・計上支払業務
・月次決算補助(証憑収集・仕訳データ作成)
・月次報告資料作成補助
・税務申告基礎資料作成補助
・年末調整事務補助
・備品の調達管理
・勤怠打刻チェック
・その他(稟議受付、契約管理、営業事務など)
・上記全体にかかる業務フローの構築

◆必須のスキル・資格
=Excelスキル=
・VLOOKUP
・COUNTIF
・TEXT、LEFT、RIGHT、MID

◆歓迎
日商簿記2級以上
経理実務経験3年以上
ご自身で業務用マクロを作った経験がある
クラウドサービスの導入、管理者経験

◆こんな人と働きたい!
◎急成長中スタートアップ/ベンチャーの経理・事務担当として活躍したい
◎裁量や成長を求めている
◎組織の一員として一緒に働く人や会社、チームワークを大事にできる

【自ら学び続けることができる方】
当社はベンチャー企業として、まだまだ成長途中の段階です。また社員のほとんどがリモートワークということもあり、いわゆる指示待ちの方や積極性に欠ける方は活躍が難しい環境かもしれません。学びの姿勢を止めない方であるほど、活躍の場は広がっていくと思います!ご自身で優先順位をつけて行動できる方も◎

Highlighted stories

インクルTechで社会課題を解決する 株式会社Lean on Me(リーンオンミー)が 総額約2.5億円の資金調達を実施
Lean on Me起業ストーリー
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社Lean on Me
  • Founded on 2014/04
  • 27 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • 大阪府大阪市淀川区西中島1−9−20 新中島ビル8F G・H
  • 障がい福祉領域の研修動画サービスベンチャーでバックオフィス構築!
    株式会社Lean on Me