1
/
5
Androidエンジニア
Mid-career
on 2021-08-13 379 views

Androidエンジニアへのスイッチ歓迎!ヘルステックサービスのアプリ開発

おいしい健康

おいしい健康 members View more

  • もともとJavaのエンジニアでしたが、2009年(HT-03A)にAndroidと出会い、Androidエンジニアとなりました。
    ブリリアントサービスでAndroidエンジニアとしてスキルを磨き、クックパッドではAndroidエンジニアをやりつつ、技術の幅を広げるため、Rubyも書くようになりました。
    おいしい健康では、インフラから、Webアプリケーション、iOS/Androidアプリケーションなんでもやるようになりました。

  • 個人も含めてAndroid歴10年くらい

    ブログ
    https://zenn.dev/sobya

    登壇資料
    https://speakerdeck.com/spbaya0141

    GitHub
    https://github.com/sobaya-0141

  • おいしい健康のAndroidエンジニア。趣味でもアプリを作っていて自分でサービスを考えるのが好き。生活に関わるようなライフログ系のアプリが好き。

    おいしい健康では既存機能の改善や食事体験の向上に努めている。

    アーキテクチャを意識してコーディングしている時やViewをいじっている時に楽しさを感じている。

  • フリーランス、ベンチャーIT企業1社を経て、2019年おいしい健康入社。

    わくわくする、こんな世界があったらいいなの気持ちを大切にしています。

    おいしいごはんと音楽をこよなく愛しています。

What we do

  • おいしい健康のレシピはすべて自社の管理栄養士が監修しています。
  • 色々な職種のメンバーが一丸となってサービスを開発しています。

おいしい健康は、患者・生活者の食事支援サービスを通じ、独自の生活ビッグデータを集積しています。食行動データから得られる健康・医療上のエビデンスを構築し、「食によるあたらしい予防・医療の実現」を目指して、以下の事業を展開しています。

■ ホームヘルスケア事業(BtoC)
  2021年3月より自社サービス「おいしい健康(https://oishi-kenko.com/)」を有料化しました。「おいしい健康」は利用者の健康状態(病気や予防など)に合わせてレシピ検索・献立づくりをパーソナライズする食生活支援アプリです。新型コロナウイルス感染症の流行を背景に、目下、急成長しています。
■ Dxマーケティング事業(BtoB)
 おいしい健康のコンテンツとビッグデータを活用し、企業における「ヘルスケアコミュニケーション(エビデンスの生活応用)」を支援します。
 製薬業界に向けては、「徹底的に患者目線」をモットーに「患者支援DXプラットフォーム」を提供しています。医師・コメディカルへリーチするためのオンライン/オフラインでの資材提供、患者様向け疾患啓発及び食事、服薬支援を目的とした患者様向けサイトの活性化、次世代医療(DTx)として共同臨床研究・医療向けアプリ開発などを行なっています。
 食品業界に向けては、おいしい健康のリアルライフデータを元に食品・家電などの健康価値訴求をし、マーケティング施策を提案・実行しています。
 また、健康経営向けとして社員食堂を通じてオフィスを健康管理の基盤にするサービス「健康社食」を始めとするヘルスケアインフラサービスの開発、運営などを行っています。

「おいしい健康 みらいに向けて開発中」
noteで公開しています。ぜひご覧ください。
https://note.com/oishi_kenko_2017
  
 

Why we do

  • おいしい食事を食べるからこそ健康になる、と私たちは考えています。
  • 生活者の目線を忘れずに、ユーザーに寄り添ったサービスにしたいと思っています。ユーザーがいかに楽しく、手軽に使えるか、トライアンドエラーを繰り返しています。

人生は、100年時代へ。
いつまでも健康でありたいという願いは長生きのためではなく、「幸せに生きるため(人生の質)」へとその価値観を大きく変わりつつあります。
一方、高齢化や人口減少などを背景に、従来の社会保障や人生設計には様々な歪み・限界が生じ始めています。
このような時代を迎え、おいしい健康では、誰もがいつまでもおいしく食べられるようにというビジョンのもと、生活ビッグデータに基づく「あたらしい健康」という未来を実現。社会依存から生活者の自立・自由という、パラダイムシフトをリードし、「患者目線の医療」に取り組みます。

How we do

  • 社内のコミュニケーションも活発です。「オープンに情報共有すること」を大事にしています。
  • 社内はフリーアドレスになっており、屋内屋外、執務室やラウンジルームなど、働く場所も選択いただけます。

2016年7月の設立時点からメンバーは3倍となり現在は約50名が在籍していますが、まだまだ一人ひとりのメンバーが会社の組織風土を作っていくフェーズです。担当できる業務範囲も広く、幅広い裁量を持って仕事をできる環境なので、医療・ヘルスケア領域に強い情熱や課題感を持っている方、新しいチャレンジをしたい方の応募をお待ちしております。
福利厚生は、
それぞれのメンバーの能力を引き出しアウトプットを最大化すること
多様性を尊重し、ライフステージに合わせた働き方ができるようにすること
をポイントとして以下の制度を用意しており、今後さらに拡充させていく予定です。
<アウトプットの最大化をサポート>
・学会やセミナー、イベント参加費の補助(WWDCやGoogleI/IOなども対象)
・決裁なしでの自由な書籍購入制度
・英語学習支援制度(英会話通学費補助)
・社内勉強会の費用補助
<勤務体系等>
・フレックスタイム制度(11:00-16:00は原則勤務が必要)
・週1回のリモートワーク(新型コロナウィルス感染状況に応じて、現在は日数を増やしています)
・保育手当(3才未満の保育園等に通うお子様がいる方が対象)

As a new team member

弊社サービスの「おいしい健康」AndroidアプリはKotlinを使用してサービス開発を行っています。
Kotlinを実務で使用された経験がなくとも、JavaやiOS等の他モバイルアプリケーション、Webアプリケーションのご経験を活かしてキャリアチェンジをされたい方を募集しています。
Kotlinでの開発経験を積みたい方やおいしい健康のサービスや事業内容に共感いただいた方は、ぜひお気軽にご応募ください。

▼業務内容
-----------------------------------------------
■自社サービス「おいしい健康」のAndroidアプリを中心に、おいしい健康が提供しているその他のアプリも含めた設計・開発
・Kotlinを用いたAndroidアプリ設計/開発/運用/改善
・ユーザーの利用状況の分析/レポーティング
・分析に基づくアプリの体験向上に向けた主体的な提案・改善
・アプリに搭載する機能の検討、要件定義
・サーバーサイド開発もできる方には、API開発
・アプリの品質担保(テスト、デバッグ)
・モバイルアプリ向け CI/CD 環境の整備
・開発効率向上のための技術的施策検討/開発

▼求めるスキル
-----------------------------------------------
<必須>
・言語を問わず、プログラミング言語を使ったサービス開発経験をお持ちの方(目安3年以上)

(ジュニア育成枠の場合)
・エンジニアの実務経験を問わず、kotlinを使った何らかのアプリケーション開発の経験(学習経験の目安:最低4ヶ月以上)
・学生で新卒枠の方は不可

▼求める人物像
-----------------------------------------------
・開発を通じて多くの人の生活や、日々の暮らしを豊かにしていきたい方
・「当たり前」に縛られず、随時、最適かつ効率的な開発手法を考え、積極的にチャレンジしていきたい方
・人が困っていることに気がつき、それをソフトウェアとして体現するのが好きな方
・ユーザーの欲求に対する「なぜ?」を追求し、課題解決に全力を注いでいきたい方

▼開発環境
-----------------------------------------------
## 開発マシン
MacBook Pro を支給

## Androidアプリケーション
・IDE:Android Studio
・アーキテクチャ:MVVM
・ライブラリ
 -Android Jetpack:AAC / Navigation Component / Room / WorkManager / Paging Library
 -その他:Koin / Kotlin Coroutines Flow / Epoxy / Glide

## インフラ
基本的に AWS を利用し、ECS 上に各種サービスをデプロイしています。
分析や機械学習系のタスクには、GCP を利用しています。

## CI ツール
ほぼ全てのサービスで CircleCI を利用しています。

▼仕事で得られるスキルやメリット
-----------------------------------------------
・どのような施策が良いかを検討・判断するのはエンジニア自身なので、サービス開発を初めから終わりまで経験することができます。
・採用技術についても基本的に担当者が主導で決めるため、自分がやると決めれば新しい技術にチャレンジできる環境です。
・他エンジニアのソースレビューを必須にしているため、適切なコードを書く習慣が身につきます。

▼チームとしてこれからやっていきたいこと
--------------------------------------------------
■ 開発環境の改善を積極的におこなっています。
おいしい健康アプリを作ってから、いくつかの先進的な開発ライブラリが公開されていますが、Androidチームではそれらを積極的に取り入れています。CoroutineやFlowもその一例です。これからも新しい技術を積極的に取り込んでいきます。
■ ユーザーの声をダイレクトに聞くことができる環境です。
自分たちの開発したサービスが実際にユーザーに使われ、さまざまな病気や疾患で悩まれている方の食事を通した健康のサポートに繋がっていることを日々届くユーザーの声から実感します。決められたものを開発するのではなく、サービス面からアイデアを出し合い一から開発を進める環境に興味がある方、開発を通して医療や健康における社会課題に取り組みたいと思う方、ぜひお話ししましょう。

Highlighted stories

Jetpack Composeはじめました
入って一番に"ここはエンジニアの会社だな"と思ったくらいエンジニアの裁量が大きくて、企画出しからマーケティング、分析、仕様を詰めて実装するのも全てエンジニアという環境に驚きました【#おいしい健康社員インタビュー】
「圧倒的な患者視点で考える」これがおいしい健康の強みであり、私たちは絶対に忘れてはいけないこと【#おいしい健康社員インタビュー】
Other users cannot see whether or not you're interested.
5 recommendations
Company info
おいしい健康
  • Founded on 2016/07
  • 45 members
  • 東京都中央区日本橋小舟町3−2 リブラビル3階
  • Androidエンジニアへのスイッチ歓迎!ヘルステックサービスのアプリ開発
    おいしい健康