1
/
5
Physician
Side Job
on 2021-09-13 117 views

育児ベンチャーで子育て記事を執筆し一緒にメディアを作っていただける方募集!

株式会社キッズライン

株式会社キッズライン members View more

  • はじめまして。

    ファッション誌の編集、セレクトショップのPRを経て、出産を機にフリーランスのライターとヨガインストラクターをしておりました。

    ヨガインストラクターでは「Lapure(ラープレ)」というオリジナルブランドを作り、主催のヨガクラスやイベントを企画実施しておりました。自らPR宣伝を行い、媒体他メディア出演をし集客やブランディング力を高めました。

    執筆活動は主に女性向け美容マガジン、働くママ向けのwab媒体が中心で、企画から素材集め執筆すべてを行うスタイル、テーマのみを課題にSEO対策をしながら執筆するスタイルを経験してきました。健康、食、ファッション、ライフスタイル、子育...

  • 株式会社キッズライン 経営企画部人事。

    wantedlyで見つけるまでキッズラインを知らなかったが、「将来、育児も家事も自分達や両親だけでなく、ベビーシッターやベテランの家事代行にもお願い出来る社会」を本気で創りにいける会社であることに惚れ、学生時代にインターンとしてジョイン。

    そのままキッズラインに入社し、法人営業・一部経理スタッフなどベンチャーらしくマルチに経験を積みながら現在は人事として着地。

    ステークホルダーが多彩なCtoCサービスで一緒に情熱を燃やしてくれる方を探して日夜Wantedlyを更新中。

    趣味は冷蔵庫にあるものから美味しいごはんを作ることとアウトドア全般。

What we do

  • 1時間1000円〜(手数料別)24時間予約可能な育児支援サービス
  • 様々なシーンで利用されています

私たち株式会社キッズライン(https://kidsline.me/)は、1時間1000円〜(手数料別)即日予約手配も可能な、オンライン育児支援マッチングサービスを提供しています。 分かりやすく言うと、Uberのベビーシッター版、家事代行版のようなサービスです。

2015年のサービス開始以降、 IVSLaunchPadで優勝したり(そのときの優勝動画はこちらhttps://vimeo.com/132780159)数多くのテレビや雑誌などから取材を受け、おかげさまで口コミを中心としてサービスが拡大してきました。

これからますます増えるあらゆる育児ニーズに対応すべく、成長スピードをあげ、今世の中にない社会インフラを創り、日本を進化させていきます。

=================
【3つの観点からみるキッズライン】

■社会問題からみるキッズライン
みなさんもご存知のように、日本は保育園に預けることも難しく、待機児童は増える一方。
また、保育園に預けたとしても病児はママが呼び出される。
同居率が8%しかない現代、働きながら、子どもを産み育てることはとても難しいのが現状です。
私たちは、このような社会を変えるべく、インターネットで育児を助けてほしい人と、育児が出来る人を繋ぐインフラサービスを提供しています。

■マーケットからみるキッズライン
既存のベビーシッターサービスや家事代行サービスは、利用料のみならず、入会金や年会費も非常に高い。また、派遣型のシステムのため、営業時間内に電話をして事情を説明したり、 当日来るサポーターさんも今まで会ったことのない人になったりと、 コスト面ばかりではなく、利用のしやすさでもハードルがありました。

そこで私たちは、初期費用はかからず、1時間1000円〜(手数料別) というリーズナブルな値段で、 弊社の研修を受け、様々なテストに合格されたサポーターさんを、 写真・レビュー・地域・スケジュール等から検索し、自分の好みの人に、すぐに依頼できるような仕組みを提供しています。

■ユーザーからみるキッズライン
使いやすさを徹底的に追及し、WEBのみならず、UIにもこだわっているため、24時間いつでもどこからでも数分でシッターを予約でき、大変便利で、使いやすいとお客様から嬉しい声を頂いています。
また、登録するサポーターさんも、保育士や幼稚園教諭等、育児に関する資格を持った方から、有名大学の学生まで、さまざまな才能を持った人たちが、自分の好きな時給とスケジュールで登録できるため、「働きやすい」という面でも高い評価を得ています。

Why we do

  • MTG風景
  • ミーティングスペース兼カフェスペース

社会問題として、連日取り上げられる待機児童・少子化問題。
そのような中、私たちは「日本にベビーシッター文化を」というビジョンを掲げて、
テクノロジーで実現したいと考え、『ベビーシッターマッチングサービス』を提供しはじめました。
ユーザーの方の口コミや、また、行政や政府の後押しもあり、徐々にサービスが拡大し、現在は日本全国にサービスを展開しています。

これからますます増える育児ニーズに対応し、このサービスを社会インフラにしていくこと、そしてさらに幅広く育児支援サービスを展開していくこと。それにより、待機児童問題の解消のみならず、子育てに選択肢を増やし、もっともっと子供を産み育てやすい社会を創りたいと考えています。

How we do

  • MTG風景
  • 社内で勉強会をしたりも

キッズラインはCEOの経沢を筆頭に様々なバックボーンを備え、プロフェッショナルなメンバーが揃っています。
・エンジニア
・WEBデザイナー
・サポーター企画
・CS(カスタマーサポート)
・マーケティング
・法人営業
・新規事業(家事代行サービス)
・コーポレート

20代中盤〜40代前半のメンバー構成です。
元サーバエンジニア、元ゲームプログラマ、元PMO、元ウェブマーケター、元広報、元コンサルなど、個性豊かなプロフェッショナルが集まっています。

一緒に世の中にないサービスを創り上げていきたい!という方はぜひ、エントリーください!

As a new team member

コンテンツ制作の業務請負…フリーランスの編集・ライター・記者の方にキッズライン編集部が掲載するコンテンツ制作(取材・執筆など)を行っていただき、作業内容に応じて、記事単位で規定の原稿料をお支払いします。医師の方には監修をお願いしたいと考えています。

■業務概要:
・記事の作成
 月4〜5本 3000文字前後の記事執筆(執筆本数については要相談)
・記事コンテンツ企画立案
・編集会議への出席(オンライン)

■下記のいずれかでご経験がある方歓迎します!

■必須スキル・経験:
・医療系記事を監修可能な方
・ライター経験のある方(商業雑誌・書籍・WEB 等)
・熱意のある方(未経験も可)

■歓迎スキル・経験:
・出版社、編集プロダクションとのお仕事経験がある方
・記事公開後ご自身のSNS等でご紹介いただける方大歓迎!

インタビュー経験の多数ある方、日中またはオンラインでの取材が可能な方、大歓迎です。
業務内容についてのご質問も大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

Highlighted stories

大手監査法人からベンチャーへ転職した理由
キッズラインが、20代でふらふらしていたデザイナーの自分がたどり着いた場所だった。
内定先のコンサル会社へ進む道から、最終的にキッズラインを選んだ理由
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社キッズライン
  • Founded on 2014/07
  • 64 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
  • 育児ベンチャーで子育て記事を執筆し一緒にメディアを作っていただける方募集!
    株式会社キッズライン