1
/
5
データサイエンティスト
Mid-career
on 2021-10-06 117 views

データアナリスト/幅広い業界・案件のデータ分析ができる

株式会社データミックス

株式会社データミックス members View more

  • 日本では数少ない米国大学のデータサイエンス修士号を保有。
    これまで機械学習を用いたレコメンデーション、アプリユーザーの行動分析や機械学習を用いたプッシュ通知の最適化、交通系IoTのデータ分析、数理最適化など社内のデータはもちろんクライアントのデータ分析を支援するコンサルタントとして活動してきました。その前は、白ヤギコーポレーション、KPMG、監査法人トーマツでコンサルティング、外資系メーカーのMarsで経理財務、マーケティングを担当。

    University of San Francisco, M.S. in Analytics修了
    一橋大学商学部卒業(統計学・データサイエンス専攻)

  • データミックスで、データサイエンティスト兼マネージャーです。
    法人向けの営業、そしてスクールの講師もしています。

    大学時代は数学を専攻していました。

  • 2018年3月に北海道大学農学院食資源経済統計学研究室で修士号を取得後、デジタルデータソリューション株式会社に新卒入社。
    2か月間の新卒研修を経て、人事に配属される。最初は育成・定着を担当。社員研修や四半期に一度行われる表彰式の運営、従業員満足度調査など全社横断的な業務を主に担当。
    2019年3月からは新卒・中途採用も担当。4月に入社した新卒の研修の運営を行いながら、翌年度入社の20新卒向けの会社説明会の実施や各種採用媒体の運用、中途採用の一次面接などを任される。
    2019年9月からは事業拡大にともない、セールスに異動。配属初月から目標達成し、事業部全体の目標達成にも貢献。アルバイトの教...

What we do

【膨大なデータをビジネスに活用し、組織を変える。そんな企業を育て、人を育てていく】

私たちは事業に2つの柱を据えています。ひとつはデータサイエンティストとしてクライアント企業のコンサルティングを行うこと。そして、もうひとつはデータサイエンティストの育成事業です。

ITやAIの技術をビジネスに活用する社会の動きが加速するなか、膨大に蓄積されたデータをどのように扱い、どのように読み解けば自社のビジネスの発展へと繋げていくことができるのか。この意識転換に苦心する企業はたくさん存在します。
そしてデータの分析を外部企業へと委託する企業が多いというのが現状です。しかしデータをより有効に活用するには、その企業のビジネスを本当に理解していなくてはならない。私たちはそう考えています。
データサイエンティストというと、コードや数式と向き合うシステム開発やエンジニアのようなポジションだととらえられがちですが、現実は違います。統計学や数式、プログラミングなどの知識をエッジに、ビジネスセンスを持って社会の流れやトレンド、事業に関わる人たちの心理をも理解していくことが求められるのです。

そのなかで私たちは、数あるデータをどのように現場で使っていくのか、データによって企業や業務をどう変えていくのか。その姿を明確にイメージしながら、クライアントと一緒になって考え、よりよい展開を模索していきます。
また、企業の中で、自らがデータサイエンティストとして組織を変えていこうとするビジネスパーソンを支援するため、スクールを運営し、講師として受講生とともに組織を変えていく挑戦も行っているのです。
社員の一人ひとりがコンサルティングとスクール講師を並行して担当しているというのも、私たちの事業の特徴といえるでしょう。常にビジネスの現場の最前線に身を置きながら、自分が得た知識を多くの人に伝えて、時には共に学んでいくのです。

当社は2017年に創立したばかりのベンチャー企業です。そのため社員ひとりのアイデアが、会社の未来を大きく変えていくこともあるでしょう。自分の意見を臆することなくアピールし、新たな展開を切りひらいていける意欲ある仲間を求めています。
ビジネスという人の心が関わる抽象的なものと、データという具体的なもの。その両者の間を自在に行き来しながら、データサイエンスで世界中のビジネスの課題を解決していくこと、それが私たちの使命だと思っています。

<メディア実績>
日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23937250X21C17A1XY0000/

日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/depth/121100855

ハーバービジネスオンライン
https://hbol.jp/157187

その他、ダイヤモンドなどでも取り上げられました。

Why we do

2012年頃から「ビッグデータ」や「データサイエンティスト」という言葉が流行し、最近では「人工知能」がバズワードになっています。これらデータ分析系の言葉が流行するのに伴いデータ分析に取り組む企業も増えています。そして、これまではウェブサービス・IT、金融、広告がデータサイエンスの中心でしたが、今後は物流や農業、ヘルスケアなど様々な産業で活用されていくものと考えられます。

しかし、データサイエンスの活用範囲が様々な領域に広がるなかで、すでに人材不足が懸念されています。
アメリカでは複数の民間企業でデータサイエンティストの育成を行われていますが、日本ではまだまだ供給が追いついていません。また、企業側でもデータサイエンスを活用するための様々な環境の醸成が急務です。

データミックスはこの課題を解決するため、データを活用して課題解決に取り組むことのできる人材の供給を広めるべくデータ活用人材を育成する教育事業を進めていきます。

========================
このようなビジネスとしての側面での理由はもちろんあるのですが、この事業への想いはもう少しパーソナルな部分にあります。

私自身がデータサイエンスそのものはもちろん、データ分析を使った課題解決が楽しくて大好きだからです。それはこれまで大学・大学院時代の先生たちや、勤めてきた会社の上司・先輩・後輩に多くのことを教えてもらったからこそだと思っています。

自分が楽しいと思うことを広げたい、これまで先輩方にしてきてもらったことを受け継いでやっていきたい、何よりデータサイエンスやデータ分析が楽しいという想いを持ってやっています。

========================
データミックス では、2020年10月に存在意義(ミッション)、目指す方向性(ビジョン)を再検討しました。
全社員でワークショップ形式で、データサイエンス業界の未来、現状を踏まえつつ、社員の大切にしている価値観や、データミックス で実現したいことを共有し、創り上げました。

【データミックスミッション】

データサイエンスで新しい価値を提供し続ける

【データミックス ビジョン】

データサイエンスが豊かな社会に繋がるためのオープンラボになる

How we do

2021年10月時点で社員数は49名です。様々な業界から優秀な人材が集まっています。

・コンサルティングファームでデータ分析に従事していた方
・大手メーカーで人事企画に従事していた方
・大手テレビ放送局で映像伝送や情報システムの開発をしていた方
・大学院で、確率・統計を専攻していた方 
・ベンチャーキャピタル出身者

また当社では、仕事をする上で、大切にしているバリュー・価値観を定めています。

①相手よりも相手を理解する。
私たちは、受講生、顧客、働く仲間、ステークホルダーの困りごとを、手触り感をもって理解します。

②丁寧かつ徹底的にやり抜く。
私たちは、簡単には成果が出ないと知っています。丁寧に、徹底的にやり抜いてこそ、素晴らしい成果につながると信じています。

③すぐ試す。結果から学ぶ。
私たちは、試さないとわからないことが多くあると理解しています。最短で試す方法を考え、結果から学び、改善します。

④際限なく強みを発揮する。
私たちは、データサイエンスビジネスのプロフェッショナル集団です。各々が持つ個性や強みを最大限発揮できることを大切にします。

⑤仲間の成長にコミットする。
私たちは、オープンラボを作り上げていく仲間です。思いやりと尊敬の気持ちを持ってお互いにフィードバックしあい、切磋琢磨します。

As a new team member

【業務内容】
また、法人向けサービスとして、様々な業界の法人研修、統計モデリング、機械学習 を用いた企業のビジネス課題を解決するデータサイエンティストの役割をお任せします。
当社の仕事の特徴として講師業がありますが、ビジネスで培ってきた知識、経験をアウトプットする機会と位置付けると、自身のスキル、経験の再確認ができるため、コンサル・講師と双方の仕事で相乗効果が見込めます。
コンサルタントとしてあらゆるケースの課題に触れ、講師として体系的にデータサイエンティストを理解することで、これから不足すると言われいてるデータサイエンティストを育成する立場に回れますので、更なる市場価値向上になること間違いありません。

【業務詳細】
1.データサイエンティストとしてのデータ分析業務

統計学や数学、プログラミングなどの知識をベースに、自社のデータ分析や、クライアント企業の課題を解決するデータ分析を実施。クライアントの事業を深く理解し、企業と二人三脚でベストなデータ活用の道を見つけ出していきます。クライアントのデータ活用に関する意識を変え、企業の運営方針や事業計画にまで深く関わりながら組織の在り方を再構築していく業務です。

2.データサイエンティスト育成スクールでの講師業務

外部から企業を変えていくだけでなく、企業の中からデータ活用で組織を変えていきたいと考えるビジネスパーソンに対し、データサイエンティストとしてのスキルを伝えていく講師業務です。講師業務には、登壇するだけでなく、最先端の技術をキャッチアップ、リサーチし、コンテンツ開発を行う業務も含まれます。理論や手法を教えるだけでなく、勤務する社内で組織変革にチャレンジしている受講生の気持ちに寄り添い、彼らを励ましながら支えていくことも担います。
受講生はさまざまなバックグラウンドを持っているので、受講生との交流によってビジネス的センスも磨かれることでしょう。講師として教えるという一方通行のやりとりではなく、共に学びあえる環境があります。

【働く魅力】
◆様々な業界のビジネス課題の明確化や企画から、データ収集・分析、レポーティングやプロトタイプの開発まで携われる環境です。「ビジネス課題を解決できてこそ、その存在価値がある」という価値観で事業を運営しているため、企画・提案の領域から一気通貫して企業のデータ活用を支援しています。

◆様々な業界で異なる課題感を持つ大手クライアントがいるため、マーケティング支援、海外展開支援、ロジスティクス最適化、レコメンドエンジンの開発支援、自然言語処理を活用したテキスト分析など、業界・ビジネスプロセスの両方の観点で幅広いプロセスの経験を積むことができます。
応募条件:

【必須(MUST)】
以下2つ以上の要件を満たす方
・PythonまたはRによる機械学習、統計モデリングを用いたデータ分析を用いたコンサルティング業務経験
・機械学習もしくは画像処理に関する深い知識
・SQLでデータ抽出・加工ができる
・データ分析の経験者もしくは大学もしくは大学院で定量系のゼミや研究室に所属していた方

【歓迎(WANT)】
・E資格取得者

【フィットする人物像】
・強い批判的思考ができる方

Highlighted stories

私が大手企業からベンチャーへ転職した理由とは
ワークショップ”社員一人一人のミッション”とは
完全オンラインインターンシップの様子をお伝えします
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社データミックス
  • Founded on 2017/02
  • 49 members
  • Funded more than $300,000 /
    Expanding business abroad /
    CEO can code /
  • 千代田区神田神保町2-44  第2石坂ビル2階(1Fマルエツが目印です)
  • データアナリスト/幅広い業界・案件のデータ分析ができる
    株式会社データミックス