1
/
5
IR
Mid-career
on 2021-11-25 101 views

AIベンチャーの一人目IR募集!

株式会社JDSC

株式会社JDSC members View more

  • 東京大学経済学部卒。2013年よりUBS証券及びメリルリンチ日本証券においてIPO、普通株や転換社債、普通社債等による資金調達、M&Aアドバイザリー等の投資銀行業務に従事。その後、2018年にモビリティプラットフォームCREWを運営する株式会社Azitに入社し、財務担当執行役員及びコーポレート本部長として資金調達や財務戦略、コーポレート部門統括を担当。現 株式会社日本データサイエンス研究所 CFO に就任。

  • Takahiro Kinugawa
    Other

  • 教育、輸送、エネルギーといった生活を支える領域を、技術でアップグレードすること。そして、それをプロとして尊敬できるメンバーと取り組める組織を作ること。この2つが私の仕事です。

    一緒に日本をアップグレードできる方、是非ご応募ください。

    【経歴】
    東京大学卒業後、マッキンゼーアンドカンパニー、米系メーカー等での経験を経て、2014年に一般社団法人日本データサイエンス研究所(Japan Data Science Consortium、現 株式会社日本データサイエンス研究所)を創設、代表に就任。
    元 医療データ リーズンホワイ 監査役。

    【著書】
    『機械脳の時代』htt...

What we do

◆「利益に直結」したAI活用サービスの提供◆

デジタル化、AI構築に多額の費用を投資しても、 収益が上がらなければ意味がありません。
JDSCは従来の人月単価に基づいた請求から決別し、 成果に基づいたコミッション請求により、クライアント企業の利益貢献にコミットするプロフェッショナル集団です。
アプリケーション開発を通して、需要予測・異常検知・物流最適化・教育・在庫最適化・与信評価・言語/画像認識など多岐にわたる課題に取り組んでいます。

◆これまでの事業実績例とメディア掲載◆

◇需要予測
商品の売上を正確に予測することで、欠品による売上機会損失を防ぎ、過剰生産による廃棄費用・保管費用を削減することを行いました。自社データからだけでは正確な予測ができない場合でも、JDSCが保有する景気情報・消費情報や、SNS上のビッグデータ解析を組み合わせることで人力での予測を超える予測精度を実現しています。
事例:大手消費財企業で、予測のブレを人力予測の7割に抑えることに成功

◇不在配送の削減
不在配送は全配送の2割近くを占め、数千億円のコストを生んでいます。2020年までに全戸配備されるスマートメータから得られる電力データを元に、人工知能が配達先の現在~将来の在不在を予測することで、不在を回避し、在宅と配達時間をつなげています。開発アルゴリズムを用いた実際の配送実験で不在配送が9割近く減少しています。

◇日経新聞 1面にて、大きく取り上げられました。
宅配時不在なくせ 東大発など2社、AIで商用化 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39181040Q8A221C1FFR000/

Highlighted stories

エンジニアリング、データサイエンス、ビジネスの 「一人三位一体」。 VPoPが語る、JDSCのプロダクト開発とプロダクト導入。
プロ経営者を目指して事業再生の世界へ。 最終的に、「0→1をやり続ける!」に行きついた理由とは。 ~実家の廃業という悔しさを糧に~
技術のために技術をやっているのではない。社会に正のインパクトを出せるなら、手段はこだわらない。
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社JDSC
  • Founded on 2018/07
  • 54 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都文京区本郷2-38-16 JEI本郷ビル8階
  • AIベンチャーの一人目IR募集!
    株式会社JDSC