1
/
5
テックリード
Mid-career
on 2022-01-21 45 views

いざというときに誰でも使えるシンプルな仕組みを|開発責任者候補募集!

ファストドクター

ファストドクター members View more

  • 自分の子供たちが、救急往診のない世界を想像できない20年後を作っていきたい。
    日本全国に救急車が配備されたのは1960年代、わずか60年前。私たちにとって救急車が当たり前なのと同じように、医師が自宅に駆けつける救急往診も子供たちにとっての当たり前にしたい。

    京都大学大学院卒業後、2009年にBooz&Company(現 PwC Strategy&)に新卒入社。2013年から楽天グループで顧客戦略やグループシナジーを推進。2017年から複数のスタートアップ経営に参画し、2018年からファストドクター代表取締役。
    Forbes「2022年日本の起業家Top20」。2児の父。

  • 近畿大学経済学部卒、株式会社オプト、株式会社マクロミルを経て、2016年にファストドクターを創業。
    主にマーケティングと現場オペレーションを管轄しています。

  • 鈴木 直也
    技術開発部

  • Qubena小中5教科の開発責任者を経て、ファストドクター株式会社に技術開発部長として入社しました。

    ドメイン知識が深い分野をしっかり理解し、スペシャリストたちと関係を築いた上で、設計解を考案して実装するのが得意です。

    私立開成高校、東京工業大学情報系学科大学院卒。

What we do

◆1,350名の医師・200名の看護師をネットワークし、「通院が困難な夜間や休日の救急相談・救急オンライン診療・救急往診」を全国10都府県で展開する、日本最大級の時間外救急プラットフォーム「ファストドクター」を運営しています。

テレビや新聞では医療風景とともに報じられることが多いため医療法人と捉えられがちですが、ITの力で医療を支援するヘルステック企業です。
「生活者の不安と医療者の負担をなくす」という企業理念のもと、① 生活者 ②医療機関 ③政府・自治体 ④企業 に向けたプラットフォーム型事業を展開しています。

Why we do

◆大学病院の救急医療現場から生まれたサービス
私たちが目指すのは、119番に電話をかけると「救急車ですか?民間救急ですか?」という選択肢の提案が当たり前になる世界です。

救急車の出動件数は年々増え続けていますが、搬送患者のうち6割がご高齢者で、その半数は入院を必要としない軽症患者で占められており、医療費の圧迫、重症患者の搬送遅延、さらにはこうした不急の患者対応によって、救急現場が逼迫するという悪循環につながっています。

代表の菊池は大学病院の救急医時代に、ひっきりなしに患者が運ばれてくる夜間救急の現場で、救急医療の適切な分配によってこの問題を解決したいと考え、ファストドクターを創業しました。

↓創業の背景はこちらをご覧ください。
https://www.wantedly.com/companies/fastdoctor2/post_articles/355403

How we do

【チーム体制】
・技術開発部長1名
・業務委託エンジニア4名(フルリモート)

【テクノロジースタック】
言語:Ruby, JavaScript, Sass, HTML
フレームワーク:Ruby on Rails, Vue.js
インフラ:Heroku, AWS, GoogleMap, PostgreSQL, Redis
プラットフォーム:Docker
管理ツール:CircleCI
テストツール:RSpec
ツール:GitHub, Slack, Jira, Sentry, Sidekiq, New Relic, Redash, Papertrail
開発手法:アジャイル、プルリクエストでコードレビューを実施、CIによる自動テスト実施

※新規事業については最適な技術をゼロベースで検討します

As a new team member

ファストドクター事業 (往診型救急診療)のさらなる成長に加え、この事業をコアに持つ我々だからこそ取り組める新規事業の起ち上げにも取り組んでいます。新規事業のソフトウェア開発をリードして頂ける方を募集しています。

【開発スタイル】
リリースされたサービスはスクラムスタイルのイテレーションベースで開発を進行しています。新規事業については、ウォーターフォールとアジャイルのハイブリッドで開発します。

私たちの開発するソフトウェアは、B2Cサービスとして側面と業務システムとしての側面を併せ持っています。 お客様(患者様)にとってはより軽快にご利用頂けるように、社内(業務)システムとしては重厚な業務プロセスをミス無くスムーズに流せるようなソフトウェアを開発します。
リードエンジニアがペアになって仕事をすることが多いディレクターは、自身でSQLを書いて実態を調べ、ファクトベースで必要な機能を検討し、開発を進めて行きます。

DEV-KAIZEN というプロジェクトでは、開発メンバー主導で改善取り組みを実施しています。

【業務内容詳細】
一連のサービスの流れの中で、患者、医師、ドライバー、コールセンター、医療事務など、様々な立場の方が関わります。社内外の各システム利用者がよりスムーズに連携できるよう、新規機能追加や改修など最適なシステム開発に携わっていただきます。1分1秒を争う患者様の命を守ることに繋がるため、サービスの品質に直結する重要なポジションです。

・新規事業のリードエンジニア
・社内/外システムの開発責任者・社内ユーザーを巻き込んだ改善・運用
・ユーザーエクスペリエンス向上を目的とした機能追加・改修

Highlighted stories

技術開発部長に聞く、エンジニア組織のこれから/ファストドクターのエンジニア組織(4/4)
新規開発にどんどんチャレンジできるのが魅力/ファストドクターのエンジニア組織(3/4)
現場に根付くことが患者さんの喜びにつながる。ファストドクター取締役の仕事のスタンスとは
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
About ファストドクター
ファストドクター
  • Founded on 2016/04
  • 229 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都新宿区内藤町1-110 ガーデンクロス新宿御苑3F
  • About ファストドクター
    いざというときに誰でも使えるシンプルな仕組みを|開発責任者候補募集!
    ファストドクター